F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデス、6位&7位にとどまるも「マクラーレンやフェラーリほど目立たないが、僕らも改善している」とハミルトン

2024年5月20日

 2024年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは6位、ジョージ・ラッセルは7位を獲得した。


 ハミルトンは8番グリッドからスタートで7番手に上がり、スティントを延長して、比較的遅いタイミングの27周目にミディアムタイヤからハードタイヤに交換。セカンドスティントは9番手からスタート。コース上のオーバーテイクで7番手に戻った後、前を走るラッセルが追加のタイヤ交換を行ったため、ハミルトンは6位でフィニッシュした。


 ラッセルは最初のピットストップを21周目に行い、セカンドスティントの終盤に、ペースが落ち始めたため、52周目にハードタイヤから中古のミディアムへと交換した。トト・ウォルフ代表は「タイヤの摩耗についての我々の予想では、ジョージはハードタイヤでレースの最後まで走り続けるのに苦労する可能性があった。ピットストップをしても(セルジオ・)ペレスの前で戻ることが可能だったため、彼をピットに入れた」と説明している。ラッセルは、コースに戻ってすぐに全体のファステストラップを記録し、追加ポイントも獲得した。


 ウォルフ代表は、この日の結果について「6位と7位という結果を全員が悔しく思っている。しかし、これから改善されることが期待される。段階的に進歩していくことが重要だ。前を行く3チームとの戦いに加わるためには、それを成し遂げていかなければならない」と語った。


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=6位(63周/63周)
8番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

ルイス・ハミルトン(メルセデス)がコースオフ
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がコースオフ


 僕のレースは全体としては良かった。一度だけ危うい場面があって5秒ほど失ったけど、ペースは概して速かったから、レースの内容には満足している。スタートもうまく決まった。角田(裕毅)の前に出るには、まずそこが重要だったんだ。それ以降は、最初のスティントを延ばすことができて、1ストップの戦略を機能させるのに役立った。


 この週末、僕らは歩幅こそ小さいものの進歩して、改善を実現した。ただ、マクラーレンやフェラーリが大幅に進歩して、ややその陰に隠れてしまったのが残念だ。さらにパフォーマンスを高めてくれるアップデートを投入するべく、これからもプッシュし続けるよ。それまでの間は、とにかくできるだけポイントを重ねていこうと思っている。

ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトン(メルセデス)


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=7位(63周/63周)
6番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ミディアム
ファステストラップ記録:1分18秒589(54周目)


 ハードタイヤが最後まで持つかどうか心配だったので、2度目のピットストップをした。結果としてルイスにポジションを譲るかたちになったが、チームとしてエクストラポイントを1点稼ぐことができた(注:2度目のタイヤ交換後に最速ラップを記録)。


 レースでは単独走行の時間が長かった。レッドブルとの差をわずかに縮め、中団グループに対するアドバンテージを拡げることができたけど、マクラーレンとフェラーリも僕らと同様に進歩してきた。だから、僕らが目指すのはさらにパフォーマンスを向上させて、できる限り早く、より大きな進歩を果たすことだ。6位と7位で満足するつもりはないけれども、これが現時点での実力だと思う。


 みんなのモチベーションがとても高くて、こちらも大いに奮起させられる。ブラックリーとブリックスワースの誰もが、クルマを速くするために懸命に働いてくれていて、とても心強い。僕らとしてはプッシュし続けるしかない。この週末は、手にしたパッケージの能力を最大限に引き出すことができた。これからも、それをさらに前に進めていくことを目指す。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号