F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第4戦無線レビュー】ピット作業でライバルを逆転、順位を上げた角田裕毅「みんな、ありがとう!最高の仕事だ」

2024年4月15日

 2024年F1第4戦日本GP。スタート直後にクラッシュが発生し赤旗中断となる波乱のスタートを迎えた。再開後はマックス・フェルスタッペンが難なく今シーズン3勝目を挙げたが、後方ではホームレースを迎えた角田裕毅を含む複数のドライバーによる熾烈な入賞争いが展開された。日本GPを無線とともに振り返る。


────────────────────


 スタート直後、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)に、出遅れたダニエル・リカルド(RB)が接触。2台は早々にリタイアを喫する。


アルボン:いきなり寄せてきた。防ぎようがなかったよ。


 事故現場を通過したドライバーたちが、エンジニアに安否を尋ねていた。


マックス・フェルスタッペン:みんな無事だったのか?
ジャンピエロ・ランビアーゼ:ダニエルは車から降りている。


角田裕毅:ダニエルは大丈夫?
マッティア・スピニ:あとで詳しく教えるが、クルマからは自力で降りている。


 タイヤバリアの修復の間、赤旗中断。そして3周目の再スタートで、今度はアルピーヌのエステバン・オコンとピエール・ガスリーが同士討ちしてしまう。


3周目
オコン:ピエールが横にぶつかってきた。クルマが大丈夫か、チェックして。

ピエール・ガスリー&エステバン・オコン(アルピーヌ)
2024年F1第4戦日本GP ピエール・ガスリー&エステバン・オコン(アルピーヌ)


 2台は走り続けたものの、共にマシンにダメージを受け、ペースが上がらない。


9周目
ランビアーゼ:クルマの挙動をレポートしてくれ。
フェルスタッペン:最初はアンダーだったけど、ちょっとずつオーバーステアになってる。


 首位を快走するフェルスタッペンのペースは落ちず。最初のタイヤ交換で一旦はシャルル・ルクレール(フェラーリ)に首位を譲ったものの、すぐに奪い返した。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2024年F1第4戦日本GP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


12周目
ヨルン・ベッカー(→周冠宇):ギヤボックスだ。リタイアしないといけない。


 ピットインを繰り返し最下位に落ちていた周は3回目のピットインの後、そのままリタイアとなった。


 ガスリーは、オコンとの接触で絶望的にペースが上がらない。


15周目
カレル・ルース:そのまま走り続けるんだ。確かにダメージはあるが。
ガスリー:クルマが明らかにおかしい。いたるところで滑りまくってる!


 ハードタイヤでの1ストップ戦略を目論んだルイス・ハミルトン(メルセデス)。一時は4番手まで上がったものの、予想外の高い路面温度にタイヤが持たず、ランド・ノリス(マクラーレン)、セルジオ・ペレス(レッドブル)に立て続けに抜かれていった。


19周目
ハミルトン:タイヤが落ちている。右フロントが死んでる。


21周目
ハミルトン:戦略を変えよう
ピーター・ボニントン:了解だ。ただウインドウが開くのを待たないと。

セルジオ・ペレス(レッドブル)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第4戦日本GP セルジオ・ペレス(レッドブル)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 すぐにでもタイヤを交換したいハミルトン。しかしコース復帰後にケビン・マグヌッセン(ハース)以下の渋滞にハマることが明らかで、ボニントンはピットインを先送りにせざるを得ない。23周目にようやくピットに向かうが、9番手まで後退した。


 22周目、中団でトレイン状態だった10番手マグヌッセン以下5台のマシンが、同時にピットになだれ込んだ。そして真っ先にコースに戻ってきたのは、4番目にピットに入った角田だった。


23周目
角田:みんな、ありがとう! グッジョブ! 最高の仕事をしてくれたね!


 一方ハミルトンは、9番手まで落ちたことに納得がいかない。


26周目
ハミルトン:なんでこんなにタイムを落としたんだ
ボニントン:トラフィックと(タイヤの)デグラデーションだ


41周目
カルロス・サインツ:僕、レースに加わってるの?
リカルド・アダミ:表彰台争いをしてるよ。


 この時点でサインツは5番手。しかし新品ハードに履き替えてすぐにノリスをパス。4番手に上がった。


44周目
サインツ:あとひとつで表彰台だ。

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第4戦日本GP カルロス・サインツ(フェラーリ)


 すぐ前にはチームメイトのルクレール。10周古いタイヤを履いており、ペース差は歴然だ。


マルコス・パドロス(→ルクレール):サインツとレースしていいけど、タイムを失うなよ。


 ルクレールは、素直に順位を譲った。


48周目
ランス・ストロール:なんでストレートで、こんなに遅いんだ!! まるで違うカテゴリーのクルマだよ!


 10番手の角田を必死に追うが、パフォーマンスに劣るはずのRBにまったく追いつけない。確かにアストンマーティンは最高速が遅いのが欠点のひとつだが、角田とは対照的に勢いに任せて走り続けたストロールのタイヤマネージメントにも問題があった。最後はニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)にも抜かれ、12位に終わった。


 前戦オーストラリアでリタイアを喫したフェルスタッペンが、完璧な走りで雪辱を果たした。


ランビアーゼ:素晴らしい。最初から最後までレースを支配したね。
フェルスタッペン:最高のレース、最高の車だったよ。
クリスチャン・ホーナー代表:ホンダのホームレースでワン・ツーフィニッシュ。いうことのない週末だ。


 そして角田は母国レースで初入賞。上位5チームのマシンとの大差を跳ね返して獲得した、意義ある1ポイントだった。


スピニ:チェッカーフラッグだ、ユウキ。素晴らしい10位だ。
角田:みんな、よくやってくれた。メカニックたちのおかげだ。最高のピット作業だった。日本のファンの応援にも、本当に力付けてもらったよ。



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP