F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「ダニエルは僕を見ていなかったようで、引こうとしたが間に合わず接触した」:ウイリアムズ F1第4戦決勝

2024年4月9日

 2024年F1第4戦日本GPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのローガン・サージェントは17位、アレクサンダー・アルボンは1周目にダニエル・リカルド(RB)と接触しリタイアでレースを終えた。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=17位(52周/53周)
19番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード→ミディアム→ソフト

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第4戦日本GP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 2回目のピットストップの後、前を行くグループに追いついて何とかしてやろうと、全力でプッシュしていたんだ。(コーナーの)出口の縁石でクルマがボトミングして、ホイールをロックさせて真っ直ぐに行ってしまった。


 そのことは残念だけど、そこへ至る過程ではポジティブなこともいくつかあった。ハードからハードへとつなげるレースをするために大胆な戦略を採り、それ自体は機能していたと思う。ご存知のとおり、僕がピットに入った周に他のドライバーたちも一斉にピットインして、4台を一気に抜くつもりが逆に先行されてしまい、それが僕のレースを左右したところはある。あのピットストップが目論みどおりに運んでいれば、まるで違ったレース展開になっただろう。


 その後、状況の変化に応じてもう一度ピットに入り、まだそれなりの成績を残せる可能性はあったんだ。けれども、そこで僕があの小さなミスを犯してしまった。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=DNF(0周/53周)
14番グリッド/タイヤ:ソフト

2024年F1第4戦日本GP
2024年F1第4戦日本GP クラッシュ後、マシンを降りるダニエル・リカルド(RB)とアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)


 スタートはあまり良くなかったんだけど、ハードタイヤだったことを考えれば、ターン2の立ち上がりではいいトラクションが得られた。だけど、どうやらダニエル(・リカルド)は僕のことを見ていなかったようで、ちょっとばかり痛い目にあわされた……。こちらが引いて逃げようとしたものの、間に合わなくて接触してしまった。簡単には受け入れがたい終わり方で、全体としてはとても悔しくて残念な週末になった。


 大きなクラッシュではなかった。ただ、タイヤウォールへの当たり方が悪くて、クルマがバリアに刺さり、潜り込むようなかたちになってしまった。その結果、クルマが急激に減速したので、それだけ被ったダメージも大きいと思う。これから損傷の程度を調べて、中国に向けて間に合うように修理をしていくことになる。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号