F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅がもたらした“価値ある1点”を喜ぶ代表「うまくレースを管理しオーバーテイクも素晴らしかった」/F1日本GP

2024年4月7日

 F1日本GPでRBの角田裕毅が10位に入り、貴重な1ポイントを獲得した。これによりRBの合計ポイントは7ポイントとなり、コンストラクターズ選手権6位の座を固めつつある。


 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、角田のドライビングとチームメンバーの仕事を称賛した。


「今日のレースはスタートからフィニッシュまで、最後の1ポイントをかけて接戦が繰り広げられた。まさにチームの真の努力のおかげで、そのグループのなかでトップに立つことができた」


「裕毅は、レースの必要な局面で、タイヤのマネジメントをうまくやりつつ、ギャップを維持するために必要な時は良いペースを発揮するという、素晴らしい走りをした」


「ピットウォールは、リスタート後、戦略に非常に良い適応を示し、ピットクルーはプレッシャーの下で2回目のピットストップで素晴らしい作業を行った。それによって、(ランス・)ストロール、(バルテリ・)ボッタス、(ニコ・)ヒュルケンベルグ、(ケビン・)マグヌッセンとの非常に激しい戦いのなかにいた裕毅を、良い位置でコースに復帰させることができた」

角田裕毅(RB)の10位入賞を祝うチーム
2024年F1第4戦日本GP 角田裕毅(RB)の10位入賞を祝うチーム


 チーム代表ローレン・メキースは、この1ポイントは非常に価値あるものであると述べている。


「チームにとって素晴らしい結果だ。裕毅は母国の観客の前で、タイヤをうまく管理し、重要な場面ではプッシュしつつ、非常にうまくコントロールされたレースを走った」


「素晴らしいオーバーテイクも何度かあり、週末を通して全くミスを犯さなかった。今日の素晴らしい結果に値する仕事をしたといえる」


「今週末、チームはこのパッケージからすべてを引き出すという点で、非常に良い仕事をした。特に、決勝中、高いプレッシャーがかかるなかでの、勝負の決め手となったピットストップをうまく決め、たくさんの困難な判断をやり遂げた」


「チャンピオンシップにおいてわずか1ポイントとはいえ、これは極めて重要な価値を持つ。トップ5チームがそれぞれ2台とも完走した今日、このポイントをつかんだのだ」

角田裕毅(RB)の10位入賞を祝うチーム
2024年F1第4戦日本GP 角田裕毅(RB)の10位入賞を祝うチーム



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP