F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅が今季ベストの予選8番手「安定したマシンのおかげで、最大のパフォーマンスを発揮できた」RB/F1第3戦

2024年3月23日

 2024年F1オーストラリアGPの予選で、RBの角田裕毅はQ3に進出、8番手を獲得した。今シーズン、Q3に進んだのは前戦サウジアラビアに続く2回目で、予選8番手は、チームにとって今季ここまでのベストリザルト。


 レーシングディレクターのアラン・パーメインは、「裕毅がQ3に進出したことに非常に興奮し、心からうれしく思う」とコメントした。


「予選8番手というのは素晴らしい結果であり、チームが冬の間にハードワークを続けたことの証しである。我々はすでにこのマシンにアップデートを持ち込んでいるのだ」

角田裕毅(RB)
2024年F1第3戦オーストラリアGP 角田裕毅(RB)


■角田裕毅(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)
FP3 11番手(1分17秒673:ソフトタイヤ/19周)
予選 8番手(Q1=8番手1分17秒356:ソフトタイヤ/Q2=9番手1分16秒791:ソフトタイヤ/Q3=8番手1分16秒788:ソフトタイヤ)

角田裕毅(RB)
2024年F1第3戦オーストラリアGP 角田裕毅(RB)


 チームと僕自身のパフォーマンスにとても満足しています。間違いなく、週末を通してとても安定したマシンを用意してくれた彼らのおかげです。このマシンによって、毎セッション、適応して自信を築くことがより容易になりました。クリーンラップを走り、すべてのコーナーから1000分の数秒を見つけ出し、パフォーマンスを最大化することができたと感じています。


 Q1でウイリアムズやその他のいくつかのチームがタイムを向上させているのを見ただけに、Q3で8番手というのは予想していませんでした。とてもハッピーです。今シーズンここまででベストの予選ポジションですし、チームのハードワークを反映した結果です。


 ダニエル(・リカルド)も、とても速そうだったので、ああいうことが起きて(注:トラックリミット違反によるタイム取り消しでQ1敗退)残念です。でも明日どうなるかを見ていきましょう。


 簡単なレースにはならないでしょう。それでも、クリーンなレースをして、できる限りのことをし、ポイントを獲得することを目指します。


●鈴鹿サーキットで初めての春開催、4月7日決勝のF1日本GP、チケット販売中https://www.suzukacircuit.jp/f1/)



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP