F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリー「結果は予想通りと言えるかも。望んでいた位置にはいないので、進み続けるしかない」:アルピーヌ F1第1戦決勝

2024年3月4日

 2024年F1第1戦バーレーンGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンは17位、ピエール・ガスリーは18位でレースを終えた。


■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=17位(56周/57周)
19番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード

エステバン・オコン(アルピーヌ)
2024年F1第1戦バーレーンGP エステバン・オコン(アルピーヌ)


 昨日の予選での状況が、そのまま引き継がれたようなレースだった。全体として、僕らが望んだような週末ではなかったね。何よりも重要なのは、僕らがクリーンなレースをして、来週のジェッダでのレースに役立つような貴重なデータを収集したことだ。レイアウトもコンディションも違うジェッダで、僕らがどこまでやれるかが興味深いところだ。レースとレースの合間は短いけど、いったん腰を落ち着けて、みんなの知恵を集めて、どの部分で改善ができるかを確かめたい。余計なことは考えず、ポジティブな態度を保って、正しい方向へ進み続ける必要がある。チーム全体として、決してうつむかず、しっかり地に足を着けてサウジアラビアへ向かわないとね。


■ピエール・ガスリー(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=18位(56周/57周)
20番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード→ソフト

ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
2024年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルピーヌ)


 まったくツイていなかったけど、結果は予想どおりと言えるかもしれない。グリッドからの蹴り出しは最高で、すぐに2台ほどパスしたものの、その直後にターン1でのカオスに巻き込まれ、目の間でスピンしたクルマがいたりして、順位を下げてしまった。とても理想的とは言えない状況だったけど、その後は今日の僕にできることをすべてやり切った。さらに改善すべき領域がいくつもあって、舞台裏ではハードワークが続けられることになるだろう。いまのところ、僕らが望んでいた位置にはいないのだから、前へ進み続けるしかない。


 来週はまた違うサーキットでの戦いだ。僕らにとっては、進歩を示し続けるための新たなチャンス、新たなチャレンジになるだろう。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号