F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】チーム体制に大きな変化を与えたF1の椅子取りゲーム/スペイン人ライターのF1コラム

2022.12.28

 ドライバーたちの移籍も落ち着き最終戦を迎えた2022年のF1。しかし、フェラーリF1代表マッティア・ビノットの離脱が発表されたことで、再び大きな動きが起こった。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアがチーム代表たちのシャッフルについて語る。
------------------------------------------------

 2022年シーズンのほとんどの期間、国際メディアと世界中のファン双方が来シーズンに向けたドライバー交代に注目していた。セバスチャン・ベッテルの引退、フェルナンド・アロンソのアルピーヌからアストンマーティンへの移籍、オスカー・ピアストリの移籍騒動とその影響のすべて(ダニエル・リカルドがレッドブルにリザーブドライバーとして復帰し、ピエール・ガスリーはアルピーヌへ移籍し、ガスリーのシートはニック・デ・フリースのものになった)といったことだ。間違いなく非常に動きが活発な“シリーシーズン”だった。

 しかしすべてが終わったと思ったら、F1は椅子取りゲームの音楽をまたかけ始めたのだ。音楽が止まった時、全員が椅子に座れたわけではなかった!

 主な犠牲者は、完全に公平に言うと、すでに公然の秘密となっていたマッティア・ビノットだった。今では元フェラーリF1チーム代表となったビノットは、プロとしてのキャリアのほとんどを過ごしたチームを離れた。これは間違いなくフェラーリにとって劇的な変化であり、非常に複雑なことだ。

 結局のところ、多くの人々が2022年シーズンの結果を主な理由だと指摘するだろうが、実際のところ原因ははるかに政治的なものだ。ビノットは故セルジオ・マルキオンネと彼の後継者ルイ・カミッレーリに支えられていた最後の強者だった。カミッレーリが2020年の12月にCEOを辞任するとフェラーリ内部で政治的変化が起こり、フェラーリ会長のジョン・エルカーンの全面的な支援を受けてベネデット・ビーニャが新CEOに就任した。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編