F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1を去るビノットに、ルクレールとサインツからメッセージ「称賛と敬意が薄れることは決してない」

2022年12月2日

 シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、マッティア・ビノットがフェラーリF1の代表を辞任するというニュースを受けて、ソーシャルメディアでメッセージを送った。


 ビノット辞任のうわさは、F1のシーズン最終戦アブダビGPの前に浮上していたが、フェラーリの上層部によって否定されていた。しかしながら、先週末にイタリアの『Corriere della Sera』が、ビノットの辞任が差し迫っていると報道したため、うわさが再燃。そして11月29日に、フェラーリに28年間在籍し、2019年からF1チームの指揮を執ってきたビノットが、今年末でフェラーリから去ることが発表された。


「マッティア、すべてのことに感謝している」とルクレールはインスタグラムに投稿した。


「僕たちはとても激しい4年間をともに過ごした。大きな満足感があったが、必然的に試されるような瞬間にも満ちていた。あなたに対する僕の称賛と敬意が薄れることは決してない。僕たちは同じ目標を達成するために、常に多大な貢献を果たしてきた。すべてにおいて幸運を祈っている」


 ルクレールのチームメイトのカルロス・サインツも、フェラーリのシートを与えてくれたビノットに敬意を表した。


「ありがとう、マッティア。良い時も悪い時も、チームと自分たちをプッシュするためにあなたとともに仕事をするのは喜びだった。素晴らしい思い出と、レーシングコース内外で分かち合った瞬間に感謝している。将来に向けて幸運を祈っている!」


 2022年シーズンのフェラーリは、ルクレールの3勝とサインツの1勝による計4勝を挙げ、コンストラクターズ選手権でレッドブルに次ぐ2位につけてシーズンを終えた。


 フェラーリとルクレールは、2022年F1シーズン開幕当初は好結果を出していたが、過ちやミスを犯して徐々にレッドブルに差をつけられた。フェラーリはシーズン後半には優勝を飾ることができなかった。


 ビノットの後任についてフェラーリはまだ発表していないが、空席を埋めるのが誰になろうが、その人物は2014年のF1ハイブリッド時代の幕開け以来、3人目のチーム代表を務めることになる。ライバルチームに見られる盤石で安定したマネジメント体制を鑑みると、驚くべき人数だ。

カルロス・サインツ、シャルル・ルクレール、マッティア・ビノット代表(フェラーリ)
カルロス・サインツ、シャルル・ルクレール、マッティア・ビノット代表(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編