F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ「ランスを抜こうとしてホイール同士が接触。恐ろしいアクシデントだった」:アルピーヌ F1第19戦決勝

2022年10月25日

 2022年F1第19戦アメリカGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは7位でフィニッシュしたものの、ペナルティを受けて15位に降格となった。


 アロンソは、ランス・ストロール(アストンマーティン)との接触でマシンに大きなダメージを負った。その後ノーズを交換してレースを続行したものの、走行中に右のミラーが脱落。7位でフィニッシュしたが、アロンソは安全ではない状態で走行していたとしてハースF1チームが抗議を行った。


 その結果アロンソには10秒のストップアンドゴーペナルティ(レースタイムに30秒加算)が科され、最終的に15位となった。しかしアルピーヌは、この抗議が認められてペナルティを受けたことについて、抗議する意向を明らかにしている。

2022年F1第19戦アメリカGP ランス・ストロール(アストンマーティン)とのクラッシュで舞い上がるフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のマシン
2022年F1第19戦アメリカGP ランス・ストロール(アストンマーティン)とのクラッシュで舞い上がるフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のマシン


■フェルナンド・アロンソ(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=15位(※コメントは降格前のもの)
 見応えのある素晴らしいレースだったと思う。最初のセーフティカーで運に恵まれ、その後のミディアムタイヤでのスティントではものすごく速かった。


 リスタートの直後にランス(・ストロール)を抜こうとしたところ、彼がクルマを寄せてきてホイール同士が当たってしまった。これはもうリタイアになるだろうと思ったし、とても恐ろしいアクシデントだったよ。ところが、僕のクルマはかなり頑丈に作られていて、フロントウイングを交換しただけで走り続けることができたんだ。チームとしての今日の仕事を誇りに思う。


 終盤のスティントでタイヤを最後まで持たせたのはスゴイことだったし、最後の数周でランド(・ノリス)には抜かれたものの、こうしてレースを完走して、ポイントまで持ち帰れたからね。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP