F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

エアボーンクラッシュのアロンソ、身体に痛みも「マシンが頑丈で驚いた」ストロールは次戦3グリッド降格/F1第19戦

2022年10月24日

 F1アメリカGP決勝でのランス・ストロール(アストンマーティン)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)の接触の件を調査したスチュワードは、ストロールに次戦メキシコGPでの3グリッド降格およびペナルティポイント2を科すことを決めた。


 レース中盤、セーフティカー明けのリスタートの後、バックストレートで高速走行中、アロンソがストロールをオーバーテイクしようとして左に動いた直後、ストロールも左に動いた。ストロールのマシンにヒットしたアロンソのマシンは空中に舞い上がりかけたが、着地し、バリアにヒット。ダメージを負いながらもピットに戻ることができ、レースを続行した。一方のストロールはその場でリタイアとなった。幸いふたりに大きな怪我はなかった。

2022年F1第19戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とランス・ストロール(アストンマーティン)がクラッシュ
2022年F1第19戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とランス・ストロール(アストンマーティン)がクラッシュ

 この件について調査を行ったスチュワードは、ストロールはターン11と12の間での動きによってアロンソとの接触を引き起こしたとして、次戦3グリッド降格およびペナルティポイント2の処罰を決めた。


「14号車(アロンソ)によるオーバーテイクの試みに反応する、18号車(ストロール)の左への動きは、直前になってなされた。我々にはそれが明白である」とスチュワードは述べている。


「スチュワードは、18号車のドライバーに責任の大部分があるという結論を出した」


 ストロールは、「彼のために、左側にたっぷりスペースを残していた。スピード差が大きかったが、後ろの彼がどのあたりにいるか判断し、彼がいるだろうと思った位置を想定した上で動いた。ところが彼はかなり近い位置にいて、接触が起きてしまった。残念だよ」とコメントしている。

2022年F1第19戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とのクラッシュでリタイアしたランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1第19戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とのクラッシュでリタイアしたランス・ストロール(アストンマーティン)

 アロンソは、レース後、マシンの頑丈さに驚いたと言いつつも、身体に痛みを感じると明かしている。


「5分前には大丈夫だったが、今、少し痛む。どういう状態なのか、明日改めて確認してみるよ。マシンは今回もとても頑丈だった。アルピーヌと何か問題を起こす人は損するばかりだと思うから気を付けた方がいいね! 本当に頑丈なマシンで、タイヤとフロントウイングを交換したら、レースを続けることができた」


「あの瞬間、空中に舞い上がったからすごく怖かった。何が起こるか分からないからね。無事に着地した時、『さあ、リタイアだ。もう今日はおしまい』と思った。でもタイヤとフロントウイングを交換しただけで、その後も走ったんだ!」

2022年F1第19戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2022年F1第19戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 アロンソはなんとレースを7位で走り切った。しかしレース後、ハースが、アロンソ車のミラーが途中で脱落したことを指摘し、アルピーヌは危険な状態でマシンを走らせたとして抗議を行った。これによってアロンソはスチュワードから30秒加算のペナルティを受けて、15位に降格されてしまった。これに納得できないアルピーヌは、ハースの抗議の有効性に対してに異議を申し立てている。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編