F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「フラストレーションがたまる週末だった」フェルスタッペン7位、タイトル確定は鈴鹿以降に持ち越し/F1第17戦決勝

2022年10月3日

 2022年F1シンガポールGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは8番グリッドから7位を獲得した。


 予選ではQ3での燃料不足から8番手に終わったフェルスタッペンは、スタートを失敗し、1周目に12番手まで落ちた。34周目には5番手まで挽回し、ドライタイヤに交換した後、前を行くランド・ノリス(マクラーレン)をオーバーテイクしようとした際にロックアップしてしまった。エスケープゾーンへと逃れ、タイヤにフラットスポットを作ったために、タイヤ交換。14番手から着実に追い上げを図っていったフェルスタッペンは、最終ラップでセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)を抜いて7位をつかんだ。


 今回フェルスタッペンはタイトルを決めることができず。次戦日本GPでの確定を目指していく。

2022年F1第17戦シンガポールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第17戦シンガポールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=7位
8番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ミディアム→ソフト


(優勝した)チェコ(ペレス)は、今日素晴らしいパフォーマンスを発揮したね。僕の方は、フラストレーションがたまる週末だった。


 レースのスタートはうまくいかなかった。アンチストールが作動して、順位をいくつも落としてしまったんだ。その後、スリックタイヤに交換した後、まずまずのポジションまで戻っていたけれど、ランドに仕掛けようとしてブレーキングした時に、大きなバンプに当たって、底を打って、ロックアップしてしまった。


 タイヤにひどいフラットスポットを作ってしまったので、タイヤ交換のためにピットに入り、また後方からポジションを上げていかなければならなかった。このトラックはオーバーテイクが難しい。皆がタイヤが温まった状態だとなおさらだ。そういうわけで長い間、足止めをくうことになった。


 何ポイントか獲れたことはよかったが、僕たちはそのためにここにいるわけではない。今は気持ちを日本GPに集中させていく。

2022年F1第17戦シンガポールGP 優勝したセルジオ・ペレス(レッドブル)を祝福するマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第17戦シンガポールGP 優勝したセルジオ・ペレス(レッドブル)を祝福するマックス・フェルスタッペン(レッドブル)



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号