F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「レッドブルは速い。楽なレースにはならないだろう」フェラーリは“タイヤの間違い”を否定/F1第14戦予選

2022年8月28日

 2022年F1ベルギーGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4番手を獲得した。


 フェラーリは、金曜に行ったルクレールのパワーユニット交換に、15グリッド降格+5グリッド降格ではなく、“バック・オブ・グリッド”ペナルティが適用されることが発表された後、土曜にICE、ターボチャージャー、MGU-Hの5基目、エキゾーストシステム9基目を新たに投入した。ルクレールは16番グリッドからスタートする予定。


 なお、Q3最初のランでルクレールが、装着されたタイヤセットが誤りではないかとチームに尋ね、チームは「ミスだった」と答えていた。しかし後にスポーティングディレクターのローレン・メキーズは、直前になってユーズドではなく新品タイヤを使用することに決めたと説明した。


「シャルルにとって優先事項は、同じくPUペナルティを受けるドライバーたちに勝つことだった。そのために我々は直前になってQ3で新品ソフトタイヤを履かせて、できるだけ上位を確保しようとした。その上で、決勝でポジションを上げていくため、非常によい形で 新品タイヤを残してある」

2022年F1第14戦ベルギーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第14戦ベルギーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
FP3 7番手(1分46秒120:ソフトタイヤ/12周)
予選 4番手(Q1=4番手1分45秒572:ソフトタイヤ/Q2=1番手1分44秒551:ソフトタイヤ/:Q3=4番手1分44秒553:ソフトタイヤ)


 明日ペナルティを受けると決まっているので、僕にとっては、それほどエキサイティングな予選ではなかった。ドライビングにおいても、マシンのセットアップに関しても、改善の余地はまだある。でも僕たちの今日の目標は、極限までタイムを削ることではなかった。


 今週末、初日からライバルたちはとても速い。今日の彼らとのギャップから考えて、明日のレースは楽なものにはならないだろう。


 明日に向けて明確な目標を定めているわけではない。ただ、最大限の結果を出したいと思っている。昨日のレースペースはとてもよかったから、ファーストスティントをうまく走って、たくさんオーバーテイクをし、早い段階で上位争いに加わりたい。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号