F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

選手権4位を目指すアルピーヌF1。代表はチーム離脱の決まったアロンソへの変わらぬサポートを約束

2022年8月18日

 アルピーヌのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソが今年末でアルピーヌを離れる決断をしたものの、シーズンの残りの期間における彼のコミットメントには「なんの懸念もない」と述べている。


 今月初め、アストンマーティンF1チームは、アロンソが2023年にアルピーヌからアストンマーティンに移籍すると突然の発表を行った。2度の世界チャンピオンであるアロンソは、アルピーヌの将来へのコミットメントを繰り返し口にしていたので、この移籍を予想していた者はほとんどいなかった。しかしセバスチャン・ベッテルが今年末でF1から引退する決断をしたこと、また、うわさではアルピーヌから1年契約とオプションをオファーされたということから、アロンソは41歳にしてF1キャリアの新たな章を開くことを決めた。

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)


 アロンソの決断はアルピーヌの上層部を驚かせ、CEOのローラン・ロッシを不愉快にさせたに違いない。しかしサフナウアーは、来週スパ・フランコルシャンでシーズンが再開するにあたり、2者の間の状況はいつもと変わらないと主張しており、アルピーヌはライバルのマクラーレンとコンストラクターズランキング4位の座を賭けて戦うことになるという。


「シーズンの残りの期間についてはなんの心配もしていない」とサフナウアーは語った。


「我々の目標は非常に明確だ。コンストラクターズ選手権を少なくとも4位でフィニッシュしたい。3位は高望みだと思う」


「フェルナンドもそのことに気づいている。彼はプロフェッショナルであり、競技者だ。彼がヘルメットをかぶったら、誰もが分かっていることだが、勝てないまでもベストを尽くしたがる」


「レースとチャンピオンシップでできる限り上の順位でフィニッシュすること以外、レーシングカーに乗っている時の彼の頭のなかには何もない。それに彼は今もその意欲を持っている。そうするために彼はここにいる。私も同じだ」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2022年F1第13戦ハンガリーGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)


 サフナウアーは、チームのチャンピオンシップにおける野望は、来週スパ・フランコルシャンでスタートする2022年シーズン後半から投入されるさらなるアップデートに支えられるだろうと述べている。


「絶対にベストを尽くしたいと強く思っている。特に今年は、我々のアップグレードのペースは非常に早い。スパでは新たなアップグレードがあるし、今年の終わりまでマシンのアップグレードは続く。そしてフェルナンドもそのことを理解している」


「チームのパフォーマンスを最大化するためにエステバンと同様に彼も懸命に取り組むだろう。そのことは少しも疑っていない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号