F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIAが2026年F1パワーユニット規則を承認。次世代PUはネットゼロ、低コストを達成しつつパワーを維持

2022年8月17日

 FIAは8月16日、世界モータースポーツ評議会が2026年F1パワーユニット(PU)レギュレーション(技術、競技、財務規則)を承認したことを発表した。次世代F1パワーユニットに関する新レギュレーションの枠組みが2021年12月に発表された後、規則自体の確定が遅れていたが、ついに承認がなされた。次世代パワーユニットにおいては、100%持続可能な燃料が使用され、電力の割合が引き上げられ、MGU-H(熱エネルギー回生システム)は廃止、コストキャップも導入される。規則の承認を受けて、ポルシェのF1参入が正式に発表されることが予想される。

FIAロゴ
FIAロゴ

 FIAは「2026年PUレギュレーションは、革新性と持続可能性へのFIAの継続的なコミットメントを強調するものである」と述べている。規則の枠組みの4つの主要な柱として、以下が提示された。


・スペクタクルの維持:
 2026年型パワーユニットは、現行の設計と同等の性能を持ち、高出力・高回転のV6内燃機関を使用。バトルの可能性を向上させるため、過度の性能差をつけることは避ける。


・環境上の持続可能性:
  2026年型パワーユニットは、電力の利用を50%まで高め、100%持続可能な燃料を使用する。


・財務上の持続可能性:
 パワーユニットに関する財務規則により、F1の核である最先端技術を示す場としての役割を維持しながら、競技者の総コストを削減する。


・新しいパワーユニットマニュファクチャラーにとって魅力的なものであること:
 このレギュレーションは、新規参入者が競争力のあるレベルでF1に参戦することを可能にし、彼らにとって魅力的なものであることを意図している。


 F1公式サイトは、2026年パワーユニットレギュレーションのポイントとして以下を挙げている。


・完全に持続可能な燃料を使用。F1マシンの排気ガスから新たな化石炭素が放出されることはなくなる。


・電気出力が約3倍に。MGU-K(運動エネルギー回生システム)の電気出力が350kWに引き上げられる。


・電気出力の割合が増え、消費燃料が減るものの、1、000馬力以上のパワーを実現。


・安全性の向上。MGU-Kをバッテリーおよびコントロールエレクトロニクスとともにセーフティーセル内に収め、より安全なマシンを実現。


・コスト削減と技術革新の両立。パワーユニットに関するコストキャップを導入するとともに、高価なMGU-Hを廃止、標準化されたコンポーネントを使用する。ダイナモの稼働時間も制限される。一方で、エンジニアが電気システムに関して創造性を発揮することが可能。マシン1台がシーズン中に使用できるパワーユニットは、ICE、ターボチャージャー、エキゾーストユニットは3基、エナジーストア、MGU-Kは2基に制限。


・環境への配慮をより深める。バッテリーやMGU-Kのコバルトなどのリサイクルの義務化。

ポルシェ ロゴ

 フォルクスワーゲングループのポルシェとアウディは新パワーユニット規則の導入とともにF1に参戦することを長く検討してきた。今回、レギュレーションが承認されたことで、ポルシェはレッドブルとの提携を正式に発表するものとみられる。アウディは既存チームの買収を検討しているといわれるが、具体的なプランは明らかになっていない。



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号