F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「1周目の出来事に絡んだドライバーが全員無事で本当によかった」:ウイリアムズ F1第10戦決勝

2022年7月5日

 2022年F1第10戦イギリスGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは12位、アレクサンダー・アルボンはリタイアでレースを終えた。


 スタート直後、アルボンらの前ではジョージ・ラッセル(メルセデス)と周冠宇(アルファロメオ)が接触し、周のマシンはひっくり返った状態でグラベルまで弾き出された。その後方で各車がクラッシュを避けようとするなか、行き場をなくしたセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)がアルボンのリヤにヒットしてしまった。


 アルボンはコース右側のウォールにぶつかり、コースに戻ったあとも数台のマシンと接触。マシンを降りた後はメディカルセンターで検査を受け、病院に運ばれたが、大きな怪我などはなく退院した。

2022年F1第10戦イギリスGP クラッシュしてコース上でとまったアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=12位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2022年F1第10戦イギリスGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 1周目からずっと厳しい戦いが続いた。最初のうちは、前のクルマについて行けることに自分でも驚いていた。だけど、実際のところ、それはちょっとしたDRSトレインができていたからで、背後のクルマは僕よりもずっと速かったんだ。それでも集団の中でまともにレースができるのは、すごくいい感じだったよ。


 残念ながら、僕は基本的なペースが遅かった上に、レース終盤にはクルマのマネージメントも強いられた。このクルマは他と比べるとダウンフォースが足りなくて、高速コーナーで遅い。しかも、今日はフロアにダメージを負ってしまい、その傾向に拍車がかかっていたんだ。悔しい終わり方になったけど、全体としてはポジティブな週末だった。


■ウイリアムズ・レーシング
アレクサンダー・アルボン 決勝=DNF

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2022年F1第10戦イギリスGP コース右側のウォールに衝突したアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 1周目の出来事に絡んだドライバーの全員が無事で、本当に良かったと思っている。サーキットのメディカルスタッフやコベントリー病院のみんなに感謝したい。僕のレースが、ほとんど始まりもしないうちに終わってしまったのは残念だけど、もう次のオーストリアのことだけを考えている。今度はいいところを見せたいね。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号