F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン初日2番手「アップデートへの評価はまだ下せない」ピアスを外しペナルティを回避:メルセデス/F1第10戦

2022年7月2日

 2022年F1イギリスGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=2番手/2=2番手、ジョージ・ラッセルはフリー走行1=11番手(ノータイム)/2=8番手だった。


 メルセデスによると、今回多数のアップデートを持ち込んでおり、主なものはフロアエッジ、リヤウイングチップ、フロントサスペンションだということだ。

2022年F1第10戦イギリスGP メルセデスF1 W13の新フロア(ルイス・ハミルトン)
2022年F1第10戦イギリスGP メルセデスF1 W13の新フロア(ルイス・ハミルトン)

 トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンは、アップグレードについて次のように語っている。


「もっと改善する必要があるとはいえ、ここ数戦のストリートサーキットに比べると、このトラックでマシンは非常によく機能していた。だが、風が強いコンディションだったこともあり、アップデートが予想していたとおりの効果を見せているかどうかを評価するのは非常に難しい。それでも心配するような要素はなかったので、この仕様を土日も続けて使っていく」


「明日になれば速いチームがペースを大幅に上げてくるだろう。我々としては、バランスやバウンシングの問題を解決するための努力をしていく必要がある」


 なお、競技中の宝飾品着用は禁止であるという昔からある規則の徹底に動いていたFIAの指示に従い、ハミルトンはイギリスGPのプラクティスから鼻や耳のピアスを外していた。これまでハミルトンはこの規則に従うことへの抵抗を見せており、FIAは6月末までの猶予を与えていた。

2022年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
フリー走行1=2番手(1分42秒781:ソフトタイヤ/10周)/2=2番手(1分29秒105:ソフトタイヤ/21周)


 いい一日だった。FP1では10周を走れたので、そのことにも満足している。ストレートではなくコーナーでまだ少しバウンシングが出ているから、やるべき仕事は残っているということだ。小さな前進を遂げられたように思うけれど、これからも努力し続けていかなければならない。


 このマシンの特性として硬くて乗り心地が良くないので、昨年までと同じようにサーキットを走ることはできない。それでもマゴッツやベケッツ、ストウといった僕のお気に入りのコーナーを走るのは楽しかった。


 前戦は低速コーナーを備えたモントリオールだったが、ここは中速・高速コーナーが続くサーキットで、性格が全く違うから、アップグレードの効果を感じ取るのは難しかった。路面は最近走ったコースよりもスムーズだったので、その点はすごく良かったけどね。全体的に見て、このトラックは最高だと思う。今でも走っていると興奮でぞくぞくするんだ。


 ロングランペースはライバルたちほど良くなかったが、それでも大きく離されているわけではない。ここに来てくれた観客の皆が希望を与えてくれる。彼らとここで会うことができてうれしい。応援してくれることに心から感謝している。

2022年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
フリー走行1=11番手(ノータイム/2周)/2=8番手(1分29秒799:ソフトタイヤ/29周)


 ルイスに比べると燃料が少ない状態では苦労した。彼はとても良いラップを走ったよね。燃料を多く積んでいたランでは、同じくハードを履いていたマクラーレンと比較しても期待できる状態だった。タイヤが温まり出すと、フェラーリと比較しても良いペースを見せられて、ラップ毎に改善していった。


 いくつかポジティブな兆候もあったが、まだ改善の余地があることは確かだ。レースペースがなぜシングルラップペースよりもはるかに強力なのかを理解する必要がある。マクラーレンはシングルラップが強力なのに、僕たちは1ラップのアタックではタイヤをうまく機能させることができないんだ。レース全体を考えると、かなり良い状態にあるが、大切なのは常にバランスだ。レースだけに集中するようなリスクを冒すわけにはいかない。


 シルバーストンはモントリオールやバクーとは全く違うサーキットだ。マシンが高速コーナーでチャレンジに直面するだろうことは分かっていた。実際、コプス、マゴッツ、ベケッツを抜ける時、かなりのバウンシングが起きていた。この状況を理解する必要がある。ただ、ストレートでのバウンシングがなかったのはポジティブなことだよ。

2022年F1第10戦イギリスGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第10戦イギリスGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号