F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】王者フェルスタッペンの戦い:目が離せないフェラーリの速さ。レッドブルはさらなる軽量化で今後に伸びしろ

2022.06.29

 F1第9戦カナダGPでふたたび優勝を飾ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。ライバルのフェラーリはシャルル・ルクレールが5位、カルロス・サインツが2位となりチャンピオンシップ争いはまだ予断を許さない状況だ。スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがカナダGPの週末を振り返る。

------------------------------------

 現F1世界チャンピオン、マックス・フェルスタッペンのこのところの勢いには目を見張るものがある。モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットでの勝利を加えて、彼は過去6戦中5戦を制した。また、これは2022年シーズンにおける6勝目、グランプリ通算26勝目であり、彼にとってノートルダム島の伝説的サーキットでの初勝利でもあった。

 フェルスタッペンは、これまでに18カ所のF1開催地で優勝を飾っている。現在使われているグランプリコースで未勝利なのは、バーレーン、オーストラリア(この2カ所での初勝利は2023年を待たねばならない)、ハンガリー、モンツァ、シンガポール、鈴鹿だけだ。

 カナダGPは、マックスにとって願ってもないような展開になった。選手権争いの主なライバル、レッドブル・レーシングのチームメイト、セルジオ・ペレスと、フェラーリのエース、シャルル・ルクレールが、それぞれリタイアと5位に終わったのである。

 だが、彼は少しも浮かれてはいない。「もうずいぶんこの世界で生きてきたから、状況がどれほど急速に変わりうるかはよく知っている。ここ2、3戦での成績は誇りに思ってよいものだと思うよ。だけど、自己満足に陥って気を緩めてはいけない」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号