F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】チャンピオンシップ争いで戦略のカギを握るふたり目のドライバー/スペイン人ライターのF1コラム

2022.06.09

 序盤戦の優勢から一転、チャンピオンシップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にリードされてしまったシャルル・ルクレール(フェラーリ)。レッドブルに匹敵する速さをもつフェラーリだが、いったい何が起きてしまったのか、スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが分析する。

——————————————————————

 “新しい”F1が、新たな挑戦をすべてのチームに投げかけていることは明らかだ。シーズン開幕戦前からそのことは誰もが分かっていたが、真実はどうだったのか正確に見え始めてきた。この場合、非常に貴重な教訓を我々に思い出させるのはフェラーリだ。F1シーズンは非常に長く、ほんの数レースで状況が変わることがある。だからこそ我々はモータースポーツを愛しているのだが!

 第3戦オーストラリアGPの後、2022年のF1シーズンはフェラーリを贔屓にしているようだった。3戦で2回の優勝と1回の2位獲得は、トップに限りなく近かった。一方のレッドブルは、ふたつの重要な信頼性の問題に見舞われ、ポイントではかなり離されていた。4戦の後、フェラーリはふたたび優勝することはできず、ドライバーたちは2戦で表彰台を逃した。逆にレッドブルは4戦連続で優勝を飾っており、チームとマックス・フェルスタッペンは双方ともランキング首位につけている。何が起きたのだろう?


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号