F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スペインのマドリードが市街地コースでのF1開催に関心。すでにドメニカリCEOヘ意志を伝える

2022年6月25日

 スペインの首都であるマドリード市が、市街地でグランプリレースを開催したいという意向をフォーミュラワン・マネジメントに伝えた。


 世界規模で大きな成功を収めているF1に対して、世界中の開催地や主催者候補が関心を寄せている。報道によれば、2023年にF1カレンダーは24レースに拡大する予定になっている。ラスベガスがすでに開催契約を結んでいるほか、F1は南アフリカのキャラミが歴史的な復活を果たすことを強く期待しているという。

F1南アフリカGP復活に向け、ドメニカリCEOが関係者と会談へ。早ければ2023年に開催の可能性も
キャラミ・サーキット


 空前の商業的成功と開催地域の拡大が続くF1には、新たなレース開催の要請が各地から届いているが、マドリードはその競争に加わった最も新しい都市となった。


 マドリード自治州は、月曜日にエンリケ・ロペス大臣名でF1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリに送った書簡のなかで、グランプリをスペインの首都で開催したいという意志を伝えた。


「マドリード自治州政府を代表して、マドリードでのF1グランプリ開催に対する私たちの関心を表明できることをうれしく思う」とロペス大臣は書いた。


「現代における最もエキサイティングな競技のひとつであるモーターレースのイベントをマドリードで開催することは、F1の発展に関わるすべての関係者、機構、企業にとっての成功だと信じている」


「そしてもちろん、それは地域と住民全体にとっての喜びでもあり、マドリード自治州政府が開催実現に強い関心を持っているのは、そのためだ」


「ここに、我々はF1および本プロジェクトにコミットする意志、そしてF1レースを盛り上げ、素晴らしい競技とエンターテインメントのショーを提供できるための適切な契約書に署名する意思を持っているということを確認したいと思う」


「F1をマドリードで開催するために、F1およびチームと協働する用意は整っている」


 マドリード市街地でのレースは、2027年までは実現しない。バルセロナのカタロニア・サーキットがF1とのあいだで2026年までの開催契約を結んでいるためだ。2021年には、3日間のレースウイークを通じて、30万人のファンがバルセロナのゲートをくぐっている。


 スペインのファンにとっては、特にカルロス・サインツとフェルナンド・アロンソのふたりがグリッドにいることで、マドリードは人気の開催地になるだろう。

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)&カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第9戦カナダGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)&カルロス・サインツ(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号