F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルが今季3回目の1-2「マックスとチェコはフェアなバトルをしつつ、最高の結果を持ち帰った」と代表/F1第8戦

2022年6月13日

 2022年F1アゼルバイジャンGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは2位を獲得、シーズン3回目の1-2を飾った。コンストラクターズ選手権において、首位レッドブルは、2位フェラーリに対する差を80点に拡大した。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP 優勝したマックス・フェルスタッペンと2位のセルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP 優勝したマックス・フェルスタッペンと2位のセルジオ・ペレス(レッドブル)

 予想外のことが必ず起こるこのサーキットで、最高のリザルトを手に入れた。(フェラーリがリタイアしたため)今日戦略がどういう結果につながったのかをファンが見届けられなかったことが残念だ。フェラーリはレースのかなり序盤に出たバーチャル・セーフティカーの際にピットストップを済ませ、我々はそのずっと後にハードタイヤに交換した。私としては、この戦略によって、レース終盤に我々はアドバンテージを得たものと考えている。


 いずれにしても、ドライバーたちはふたりとも素晴らしい走りをし、我々はレース中に起きたことを有利に活用することができた。ふたりには互いにクリーンかつフェアにレースをするよう頼み、彼らはそのとおりのことをした。


 彼らはチームのために非常に良い仕事をしてくれている。チーム全員が今日手に入れた成果を、心から誇りに思う。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編