F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ミックはF1初入賞を逃すも「一貫してチームメイトより速かった」と叔父ラルフ・シューマッハーがパフォーマンスを評価

2022年5月17日

 F1第5戦マイアミGPでミック・シューマッハー(ハース)のペースが全体的に強力だったことは、ミスによりF1での初ポイントを逃したことよりも重要だと、叔父のラルフ・シューマッハーは述べている。


 今シーズン初めて、シューマッハーはレースウイーク全体でチームメイトのケビン・マグヌッセンを総合的に上回っていた。シューマッハーは、レースで初めてのトップ10フィニッシュを達成するところだったが、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルをオーバーテイクするのに失敗して衝突してしまったため、F1での初チャンピオンシップポイント獲得はならなかった。


 そのインシデントに加え、マグヌッセンがチェッカーフラッグまで2周のところでランス・ストロール(アストンマーティン)と接触したこともあり、ハースのポイント獲得のチャンスはなくなった。この状況にチーム代表のギュンター・シュタイナーは感心しなかった。


「我々は得点圏内まで上がっていたし、2台のマシンがポイントを獲得することも可能だったかもしれない。だがその後(セーフティカー後の)リスタートですべてを失った」と苛立ったシュタイナーは語った。


「我々は手ぶらで去ることになる。いや、手ぶらではない。壊れたパーツとともに去ることになる!」


 ラルフ・シューマッハーは、ハースのドライバーたちの失態は「ポイントを失ったので非常にじれったいものだ」と認めた。だが『Sky Germany』のコメンテーターを務めるラルフは、マグヌッセンはより敏感なミックよりも、レース後のシュタイナーの憤怒にうまく対処できるだろうと考えている。


「ミックとシュタイナーは性格的には合わない」とラルフ・シューマッハーは『F1 Insider』に語った。


「ケビン・マグヌッセンのように、外見上はタフガイである方がシュタイナーとは合うだろう」


 しかしながら、甥ミックのマイアミでのレースウイークを評価したラルフは、ベッテルとのクラッシュの結果よりも、彼の相対的なパフォーマンスに焦点を置きたいという。そしてラルフがフロリダで目にしたことは、ミックの後援者であるフェラーリをも喜ばせるだろうという。


「私にとってより重要なのは、ミックが非常に素晴らしい週末を過ごしたことだ」とラルフ・シューマッハーは話した。


「彼は一貫してチームメイトよりも速く、実力でポイントフィニッシュを果たすための土台を作っていた」


「マイアミで、ミックはそのスピードによってドライバーとして違いを生み出した。したがって傾向としては正しい方へ向かっている」

ミック・シューマッハー&ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第5戦マイアミGP ミック・シューマッハー&ケビン・マグヌッセン(ハース)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号