F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マイアミの最終セクターは『ミス誘発箇所』だと設計者が語る。マシンやドライバーに“挑む”レイアウトに/F1第5戦

2022年5月6日

 F1第5戦マイアミGPの舞台となるマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、トリッキーな最終連続コーナーを備えているが、意図的にドライバーに挑むような設計がされており、トラックの設計を担当した企業はここを「ミス誘発箇所」と呼んでいる。


 イギリス企業の『エイペックス・サーキット・デザイン』社は、マイアミガーデンズのハードロックスタジアム周辺に展開する全長5.412km、コーナー数19カ所のコース設計を担当した。サーキット設計者たちの設計哲学の中心には、本物のレースを生み出すレイアウトを作る必要性があった。


「企業としての我々の精神は、すべてのF1チームと彼らのマシン、レースエンジニア、そしてもちろんドライバーたちに挑むというものだ」とエイペックス社のエンジニアを務めるチャールズ・メトカーフは説明した。


「そのため、我々はコーナーの並びに重点を置いた。高速から低速コーナーへのダイナミックレンジについてだ。そうするためには多くのシミュレーション作業を行い、1周するなかで、クルマの様々なセットアップに合う異なる連続コーナーを意図的に配置するようにした」


「ターン4から8には、超高速で横方向のGがかかるセクションがある。マシンは通過するのに苦労するだろう。ターン8の立ち上がりでのマシンパフォーマンスが、ラップタイムに大きく影響する。その後にはパワーが制限されるターン9と10があるが、そこではサイド・バイ・サイドのレースになることが容易に想像できる」

マイアミ・インターナショナル・オートドロームのコース図
マイアミ・インターナショナル・オートドロームのコース図


 エイペックス・サーキット・デザイン社の創立者であるクライブ・ボウエンは、マイアミのレイアウトがドライバーとエンジニア双方にとってどれだけ難しいものか説明した。


「二重人格のような個性を十分に持ち合わせたレーストラックにしなければならなかった。コースはほとんどのセクションで勾配の変化があり、多くのトラクションがかかるので、柔らかいマシンセットアップが必要だ。そして一部の超高速セクションでは、空力パフォーマンスと、コーナーを通過する際に横方向のグリップを最大限に活かすために、硬いセットアップにしたくなるだろう」


 しかしコース設計者たちによって「ミス誘発箇所」と呼ばれているマイアミのタイトな最終セクターは、確かにドライバーの注目を集めるだろう。


「ターン13から16までの流れは、高速道路の陸橋の下を縫っていくようになっている」とボウエンは述べた。


「ターン14に入ると、そこのエイペックスにたどり着くまでターン15のエイペックスは見えない。我々は『ミス誘発箇所』と呼んでいるが、ドライバーにとっては順位を上げるチャンスがあるところだ。なぜなら前のドライバーがオーバードライブする可能性が非常に高い」

2022年F1第5戦マイアミGP マイアミ・インターナショナル・オートドローム
2022年F1第5戦マイアミGP マイアミ・インターナショナル・オートドローム


 アルファタウリの角田裕毅は、レッドブルのシミュレーターでコースを走行したが、トリッキーな複合4コーナーについては、フォーミュラEのストリートサーキットで見られるものに似ているようだと語った。


「シミュレーターでコースを走行しましたが、最初の2セクターはかなり速く、中速から高速のコーナーがありました」と角田は語った。


「セクター3は、僕は“フォーミュラEセクター”と呼んでいて、非常にタイトなコーナーが多くあります。全体的に走行するのがとても面白そうなコースだと思います」


「楽しめると思いますが、オーバーテイクは難しそうなので、予選で好結果を出さなければなりません」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号