F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1新規則導入の目標は「達成された」とノリスが評価。一方アロンソは現在もタイヤのダメージがあると問題視

2022年5月5日

 2022年シーズンの4戦が終わり、新レギュレーションは成功している。今年導入された新しい技術規則は、マシンが先行車を追いやすくし、オーバーテイクを増やすために策定された。この目標は達成されたようだ。


「そうだね、目標は達成されている」とマクラーレンのランド・ノリスは語った。


「これまでのところ、物事が正しい方向へ向かっている証拠がたくさんある。新レギュレーションはより優れた接近戦とオーバーテイクが可能になるように作られたけれど、これまでのところすべてのレースでまさにそうなっていると思うよ。素晴らしい仕事だね」


 レッドブルのセルジオ・ペレスは「他のマシンを追えるようになったのは明らかだと思う」と認めた。


「レースが改善されていると思うよ。これまでのところいいレースをしてきたが、覚えておくべきことは、僕たちがレースをしてきたのは概していいレースができるサーキットだったということだ。でもこれらのレギュレーションには満足しているよ。間違いなくレースは以前と違うものになっている」

セルジオ・ペレス&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス&マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 ウイリアムズのニコラス・ラティフィは、「昨年と比べると追いかけやすくなっていると、どのドライバーも感じていると思う」と述べている。


「この数年よりもレースはさらにエキサイティングになっている。新レギュレーションにとって良い一歩だと思うよ」


 一方でフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)は、新レギュレーションはそこそこの成功にすぎないと考えている。


「空力の面では(他のマシンを追う場合は)以前ほどダウンフォースを失うことはないが、タイヤは今も問題だ。他のマシンを追うと、いまだにタイヤに大きなダメージを負う」


「それに、新レギュレーションは、すべてのマシンがともに接戦をし、複数のチームが優勝することを可能にするはずのものだ。でもいまだに予選の順位はドライバーではなくチームで決まっているようだ。だから今もF1は全体的に調査を続ける必要があることを抱えているし、そのことを改善するべきだ」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)



(Grandprix.com)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号