F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リタイアのサインツ「トラブルの後、焦ってミスをした。新世代マシンは少しトリッキー」フェラーリ/F1第3戦

2022年4月11日

 2022年F1オーストラリアGP決勝で、フェラーリのカルロス・サインツは2周目にコースオフし、リタイアした。


 ハードタイヤを履いたサインツは、9番グリッドからスタートで出遅れ、14番手に落ちた後、ターン9でコースオフ、グラベルトラップから抜け出せなくなり、その場でリタイアとなった。


■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=リタイア
9番グリッド/タイヤ:ハード


 この週末のことを理解して受け入れることは簡単ではない。昨日の予選の後、レースを楽しみにしていた。でもスタート前の時点で問題に見舞われてしまったんだ。


 グリッドにつくまでのラップで、ステアリングのいくつかのスイッチに問題が発生し、フォーメイションラップの1分前に交換しなければならなかった。


 そしてスタート時にはアンチストールが作動した。順位を取り戻すためにオーバーテイクをしようとして、タイヤの準備がおそらく整う前にプッシュしてしまった。


 予選Q3まではうまくいっていたが、その後はすべてが悪い方向へと進んでしまった。これからじっくり分析し、学習した上で、前に進む。マシンの感触自体は良かった。


 優勝したチームとシャルル(・ルクレール)におめでとうと言いたい。次のイモラではさらに強くなって戻ってくるよ。

2022年F1第3戦オーストラリアGP カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第3戦オーストラリアGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

(formula1.comに対して語り)グリップを見誤るというミスを犯した。今日まずうまくいかなかったのは、ステアリングに問題が起きたことだ。フォーメイションラップをスタートする1分前に交換しなければならず、いくつかスイッチが正しい状態でなく、スタートでアンチストールが作動した。アンチストールとハードタイヤで不利な状況になり、オーバーテイクを急いだが、タイヤがまだオーバーテイクできる状態ではなかった。


 今週末は完璧とはいえず、悲惨な展開になってしまった。でもミスをしたのは僕自身だ。新世代F1マシンは少しトリッキーで、ハードタイヤはスタート時にコントロールするのが難しい。今日はその代償を払うことになった。


 マシンについて理解するまではヒューマンエラーが起こるものだ。でもそれは言い訳にならない。僕はあんなミスをするべきではなかったし、ステアリングの問題もあってはならなかった。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号