F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「SCの状況は前例のないこと。結果的にポイントを獲れなかった」:アストンマーティン F1第22戦決勝

2021年12月14日

 2021年F1第22戦アブダビGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは11位、ランス・ストロールは13位でレースを終えた。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=11位

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第22戦アブダビGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

 まずまずのペースで走れたと思うけど、残念ながら(アントニオ・)ジョビナッツィのアルファロメオの背後を延々と走らされて、そこでのタイムロスがあまりにも大きかった。クリーンエアで走った時のペースは良かった。ただ、それから僕にできることは、あまり多くはなかった。


 終盤のセーフティカーの状況(周回遅れの大半を前に出さなかったこと)は、おそらく前例のないことだったと思う。結果として僕は11位でフィニッシュを迎え、シーズンの最後にポイントを手に入れることはできなかった。


 そして、ルイス(・ハミルトン)とマックス(・フェルスタッペン)のふたりにおめでとうと言いたい。今年の彼らは、どちらもワールドチャンピオンに相応しかったと思うからだ。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=13位

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第22戦アブダビGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 トリッキーなレースだった。終盤のセーフティカーでは、周回遅れが前に出ることを許されず、その恩恵を受けられなかった。それがとても残念で、なぜそういうことになったのか理解できない。僕らはあそこでもう一度ピットに入るという決断をした。そして、レース再開後にはいくつか順位を上げて、もしかしたらポイント圏内にも入れるかもしれないという最後のチャンスだったんだ。


 13位という結果は、このシーズンと僕のグランプリ100戦目の締めくくりとして、望んでいたものではなかった。だが、今年も多くのことを学んだので、2022年に向けてその経験が大いに役立つだろう。アストンマーティンのF1復帰初年度に、その一員となることができて光栄だった。このチームに輝かしい未来が待っているのは間違いないと思う。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号