F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファロメオF1、オーレンとのタイトルスポンサー契約延長を発表。クビサもリザーブとして残留

2021年11月25日

 アルファロメオ・レーシングは、2022年に向けPKNオーレンとのタイトルパートナーシップ契約を延長することを発表した。ポーランドの石油精製および流通を手がける大企業、オーレンとの提携は3年目を迎えることになる。また、ポーランド出身のロバート・クビサが引き続きリザーブドライバーを務めることも明らかにされた。


 アルファロメオは2020年から「アルファロメオ・レーシング・オーレン」の名称でF1にエントリー、この年にクビサがリザーブドライバーとしてチームに加入した。


 2006年にF1にデビューしたクビサは、BMWザウバーとルノーで走った2010年までに1勝を含む表彰台12回を獲得。非常に高い評価を受けていたが、2011年2月に出場したラリーで重傷を負ったことでキャリアが中断された。


 その後、長年のリハビリと、他カテゴリーへの参戦を経て、2019年にウイリアムズからF1に復帰。その翌年にアルファロメオにリザーブドライバーとして移籍した。2021年にはレギュラードライバーのキミ・ライコネンが新型コロナウイルス感染症のため欠席したオランダGPとイタリアGPに出場した。

2021年F1オランダGP ロバート・クビサ(アルファロメオ)
2021年F1オランダGP ロバート・クビサ(アルファロメオ)

 アルファロメオは2022年、レギュラードライバーのラインアップを一新、新たにバルテリ・ボッタスと周冠宇のペアで戦う。


 11月24日の発表の際に、PKNオーレン取締役会会長ダニエル・オバジテックは、F1への投資は同社にとって大きなメリットがあると語った。
「オーレンブランドにとって、2021年11月までのテレビ放送によるメディア換算値は5億5000万PLN(約152億円)を超える」とオバジテックはコメントしている。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号