F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、レッドブルが恐れる“ロケットエンジン”をサウジアラビアで使用へ。高速サーキットで威力を発揮するか

2021年11月24日

 メルセデスは、F1第21戦サウジアラビアGPで勝利を狙うため、ルイス・ハミルトンに最も走行距離が少ないエンジンを使用させると述べている。


 ハミルトン車にはブラジルGPで新しいICE(エンジン)が入れられた。メルセデスのエンジンは新しいうちは非常にパワフルで、メルセデス自体が認めているように、その後大幅にパワーが落ちていく。ブラジルでハミルトンはフレッシュエンジンのアドバンテージを生かし、スプリント予選では最後尾から5番手までポジションアップ、決勝では10番グリッドから優勝を勝ち取った。


  メルセデスとタイトルを争うレッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、ブラジルGP後、このエンジンを“ロケットエンジン”と呼び、その強力さを恐れていた。


「メルセデスのあんなロケットエンジンはこれまで見たことがない」とマルコは『F1-Insider』に対して語った。


「ハミルトンがカタール、その後のサウジアラビアとアブダビでも圧倒的速さを見せるなら、我々はタイトル獲得を諦めなければならない可能性もある」


 メルセデスは、この最も走行距離の少ないエンジンを第20戦カタールGPでは使用せず、サウジアラビアに持ち込むプランを立てた。それでもハミルトンはカタールGPでポール・トゥ・ウインを飾っている。

2021年F1第20戦カタールGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝
2021年F1第20戦カタールGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝


 今年初のサウジアラビアGPのために現在も工事が進められているジェッダ・ストリート・サーキットは、全長6.175km、27のコーナーを持つコースで、F1史上最速のストリートサーキットになると言われている。


「サウジのコース特性からして、このサーキットは我々に適しているものと考えている」とメルセデスのトラックサイドエンジニア、アンドリュー・ショブリンは言う。


「我々はルイス用に、よりパワフルなエンジンを持っている。彼にとって有益なエンジンになるだろう」


「我々は現在、2基(のパワーユニット)で戦っている。ここ(カタール)では、サーキットの特性を考えて、パワーのない方を使った。そういう面では良い状況であると思う」


 メルセデス代表トト・ウォルフは「サウジのサーキットは我々との相性がいいと思っている。ただ、今年は相性がいいと思っていてもその逆になることもある」と『Sky Sports』に対してコメントした。


「サウジアラビアにはロングストレートがあるので、スパイシーな装備、つまりエンジンを持ち出すことになるだろう」


 ショブリンは、自信を過剰に持つことは避け、入念な準備を整えてサウジアラビアに臨むと語った。


「すべてが自分たちの思うとおりになると考えてレースに臨むことには、常に慎重を期している」


「今分かっていることは、正しいセットアップを施し、タイヤを適切に使い、タイヤの機能を把握する必要があるということだ。今後の数日は忙しくなるだろう。現地(サウジアラビア)に良い状態で到着できるよう、すべてのチャンスを活用しなければならない」


「初めてのサーキットの場合、最初から良い状態で臨むことは、学習曲線の面で非常に大きな意味を持つ。最初からマシンの状態が良ければ、それを改善していけばいいからだ」


 残り2戦の段階で、ドライバーズ選手権でハミルトンはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)から8点差の2位、コンストラクターズ選手権ではメルセデスは首位を維持しているものの、レッドブルとの差はわずか5点となっている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号