F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

バトンとヒルがガスリーを大絶賛も、レッドブルF1復帰の可能性は疑問視

2021年11月12日

 元F1世界チャンピオンのジェンソン・バトンとデイモン・ヒルが、現在のピエール・ガスリーのパフォーマンスを改めて称賛した。しかしふたりとも、将来ガスリーがレッドブル・レーシングに戻る可能性は高くはないとみている。


 F1第18戦メキシコGPでガスリーは、自身いわく「完璧な週末」を過ごし、今シーズン4回目のトップ5フィニッシュとなる4位を獲得した。


 アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスでのレースで、ガスリーはフェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツを寄せ付けることなく、大きなギャップを保ってフィニッシュした。


「彼はひとつのミスもせず、仕事をやり遂げた」とガスリーの大ファンであるバトンはコメントした。


「彼がテレビに映ることはなかった。なぜなら彼は2台のフェラーリの前で(4番手を)独走していたからだ。非常に印象的だった」


「今シーズンのなかでフェラーリは向上を果たし、大きな進歩を遂げてきた。そのフェラーリに、アルファタウリに乗ったピエール・ガスリーが勝ったのだ」

2021年F1アメリカGP 『Sky Sports F1』のコメンテイターを務めるジェンソン・バトン
2021年F1アメリカGP 『Sky Sports F1』のコメンテイターを務めるジェンソン・バトン

 ガスリーは2023年末までレッドブルと契約しているといわれる。2022年もガスリーが優れたパフォーマンスを発揮し続けたなら、首脳陣はレッドブル・レーシングに彼を呼び戻すのか、それとも良いオファーが来た場合には彼を手放すのか、ガスリーの去就には注目が集まっている。


「問題は、彼がレッドブルに戻るとは思えないことだ。僕はそうなるとは思っていない」とバトンは付け加えた。


「彼は来年末にはいくつか選択肢を手にするだろう。どこに行くだろうね。アルピーヌかもしれない。ドライバーはメーカーのワークスチームに行きたいと思うものだ」


「アルピーヌは今の時点ではアルファタウリを下回っているかもしれないが、今後は強くなっていくはずだ。それだけの資金があるのだから」


『Sky F1』でバトンとともに解説を行っているヒルもガスリーを称賛しているが、レッドブルの環境は若いドライバーには非常に厳しいものだとも述べている。


「彼の能力とこれまで達成してきたことについて、疑いを持つ者はひとりもいないだろう」と1996年F1世界チャンピオンであるヒルは語った。


「レッドブルチームに行った時に一時的に下降した。前にも言ったが、レッドブルチームの環境は非常に厳しい。若手ドライバーには権限が与えられないのだ」


「今年加入したチェコ(セルジオ・ペレス)は、経営陣の厳しさに負けずに、多少持ちこたえているようだがね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/8(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
予選 24:00〜25:00
7/9(土) フリー走行2回目 19:30〜20:30
スプリント 23:30〜
7/10(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
  • 最新刊
  • F1速報

    第8戦アゼルバイジャン、第9戦カナダGP合併号