F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ヒュルケンベルグ、家族を優先しインディカー参戦を断念か。次の選択肢としてWECが浮上

2021年11月11日

 2021年にアストンマーティンF1チームでリザーブ&開発ドライバーを務めているニコ・ヒュルケンベルグは、アロウ・マクラーレンSPでインディカーテストに参加した後、当面はインディカーに参戦しないという決断を下した。彼の今後の選択肢として、WEC世界耐久選手権のプロジェクトに参加するのではないかとの推測もなされている。


 ヒュルケンベルグは10月25日にバーバー・モータースポーツパークで初めてインディカーマシンを経験し、優れたパフォーマンスを見せた。このテストが彼のインディカー転向への一歩につながるのではないかとも考えられたが、ヒュルケンベルグは、11月4日にTwitterを通して、個人的な理由でインディカーへの道に踏み出さないことに決めたと発表した。


「2週間前に行ったインディカーのテストはエキサイティングなものだった。このチャンスを提供してくれたアロウ・マクラーレンSPには感謝している」とヒュルケンベルグ。


「でも、個人的な理由で、僕はこの道を先へ進まないことに決めた。今後のプランについては、またお知らせする」

インディカーマシンのコクピットに座るヒュルケンベルグ

 ヒュルケンベルグは2010年にF1にデビュー、2011年を除き、2019年までフル参戦し、コロナ禍の2020年には欠場したレーシングポイントのドライバーの代役として3戦に出場した。長いキャリアのなかで、その才能を非常に高く評価されながらも、ヒュルケンベルグはF1シートを失い、復帰の道を見つけられずにいる。


 インディカーに進まない「個人的な理由」についてヒュルケンベルグは具体的なことを明かしていないが、9月に妻エグルさんとの間に娘のノエミ・スカイちゃんが生まれたばかりであり、今は拠点をアメリカに移すことはできないと判断したのではないかと考えられている。


 ヒュルケンベルグの今後の選択肢のひとつとしてドイツメディアのなかでささやかれているのは、WEC世界耐久選手権に参戦するという噂だ。ヒュルケンベルグは2015年にル・マン24時間レースにポルシェから出場し、優勝した経験を持つ。彼は今後、ポルシェ/ペンスキーのLMDhプログラムに関わるのではないかという推測が持ち上がっている。



(Grandprix.com)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号