F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン「ダウンフォース不足によって、マックスに0.5秒も離されている」メルセデス/F1第18戦金曜

2021年11月6日

 2021年F1メキシコGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=2番手/2=3番手、バルテリ・ボッタスはフリー走行1=1番手/2=2番手だった。FP2で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が記録したトップタイムと比較して、ボッタスは0.424秒、ハミルトンは0.509秒遅かった。


 FP1でハミルトンは、コースオフしてコースに戻る際に、レースディレクターが定めた手順を守らなかったとして、ドライビング関連の戒告(シーズン1回目)を受けた。ハミルトンはターン1と2の間でコースを外れ、ターン2と3の間でコースに復帰したが、ターン3のボラードの左側を通るという決まりに従わず、弁明も受け入れられなかった。

2021年F1第18戦メキシコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第18戦メキシコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
フリー走行1=2番手(1分18秒417:ソフトタイヤ/24周)/2=3番手(1分17秒810:ソフトタイヤ/26周)


 マシンの感触は全体的にまずまずで、これといって大きな問題もなかった。僕たちとしては全力を尽くしていた。ただ、今の時点ではレッドブルの方が少し速いね。


 セットアップにこつこつ取り組んで、改善を図っているが、全体的なダウンフォースが不足していて、それがラップタイムに表れている。


 今日は大勢のファンがサーキットまで来てくれてうれしい。今週末もバトルを続けていくのを楽しみにしているよ。


(レッドブルとのタイム差について聞かれ)今の時点では、僕たちにとって彼らは速すぎる。僕たちにはダウンフォースが足りない。それが0.5秒離されている理由だと思う。

2021年F1第18戦メキシコGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第18戦メキシコGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)


■バルテリ・ボッタス(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
フリー走行1=1番手(1分18秒341:ソフトタイヤ/28周)/2=2番手(1分17秒725:ソフトタイヤ/31周)


 路面が埃っぽくて、グリップが低く、一日の初めは苦労した。そのためにマシンの状態を見極めるのが簡単ではなかったが、あるべき状態からそれほど離れているとは思わなかった。それでFP2に向けて調整することができたんだ。


 午後に入ってからマシンはまずまずだったが、もっとタイムを見つけ出さなければならない。レッドブルが速いからね。今の時点では彼らの方が速く、ソフトタイヤでのシングルラップで強力なペースを見せている。ポールをかけて戦うためには、タイムを見つけ出す必要がある。



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編