F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「このレースで25歳は老けたかも…内心ではマックスが勝つのは難しいと思っていた」/F1第17戦

2021年10月25日

 2021年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは3位を獲得した。ドライバーズ選手権で首位のフェルスタッペンは2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)との差を12点に拡大、コンストラクターズ選手権では、2位レッドブルがリーダーのメルセデスとのギャップを23点に縮めた。

2021年F1第17戦アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第17戦アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 信じられないような勝利であり、ダブル表彰台だ! 我々にとって2013年以来初のアメリカGPでの優勝で、しかもそこに辿り着くまでの経過も素晴らしいものだった。


 レース序盤のミディアムタイヤでは非常にペースが良く、マックスはルイスにプレッシャーをかけることができた。だがルイスが終盤強さを発揮すること、長いスティントを取ることでアドバンテージを得ることは分かっていた。


 そのため、我々はトラックポジションを確保することにした。マックスはとてもうまく持ちこたえ、素晴らしいレースをした。特に最後のスティントではハードタイヤをうまく労わり、最後まで首位を維持した。


 チェコにとってはきついレースだった。ドリンクシステムが動いていなかったのだ。だが今回も彼は素晴らしい形でレースをした。2戦連続表彰台に上り、彼は自信を深めている。今日は驚異的な走りを見せてくれた。次は彼のホームグランプリだ。彼が調子を上げていることは、この時期の我々にとっても非常に重要だ。


 残り5戦のなかで、メルセデスが優勢であろうレースがいくつかあり、我々が強いだろうレースもいくつかある。シーズン残りも非常にタイトになるはずだ。


(『Sky Sports F1』に語り)今回のレースで25歳は老けたと思う。彼(フェルスタッペン)があんなことをやってのけるとは、私は思っていなかったのだ。ルイスは8周新しいタイヤを履いていたし、(フェルスタッペンの)ハードタイヤの最初のセットは、摩耗がカーカスのところまで達していた。そのため、終盤、タイヤはほとんど残っていないと思ったのだ。


 だがマックスは最終スティントでタイヤを持たせてみせた。最後の最後に敗れていたら辛い思いをしただろうが、マックスは凌ぎ切った。非常に賢く仕事をやり遂げて、最後までタイヤを持たせたのだ。

2021年F1第17戦アメリカGP 表彰式を見守るレッドブル・ホンダのメンバーたち
2021年F1第17戦アメリカGP 表彰式を見守るレッドブル・ホンダのメンバーたち



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 21:00〜22:00
フリー走行2回目 24:00〜25:00
7/2(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
7/3(日) 決勝 23:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号