F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F2タイトル獲得でもF1シートが保証されないピアストリ「2023年のステップアップを視野に入れている」

2021年10月8日

 FIA-F2選手権のポイントリーダーであるオスカー・ピアストリは、2022年にF1に昇格する可能性は高くはないと認めた。しかし、2023年にレースシートを得るためなら、来年1年をリザーブドライバーの立場で過ごす覚悟はあると語っている。


 アルピーヌの育成ドライバーである20歳のピアストリは、2019年にはフォーミュラ・ルノー・ユーロカップ、2020年にはFIA-F3選手権でタイトルを獲得した後、今年FIA-F2選手権にステップアップ。2ラウンド6レースを残した現時点で、同じくアルピーヌ傘下である周冠宇に36ポイントの差をつけて選手権をリードしている。


 プレマ・レーシングで素晴らしい成績を挙げているピアストリだが、現時点では2022年にF1に昇格できる保証がない。デビューイヤーでF2チャンピオンになったとしても、来年はリザーブドライバーを務めるほかないかもしれないのだ。

2021年F2シルバーストン 周冠宇とオスカー・ピアストリ
2021年F2シルバーストン 周冠宇とオスカー・ピアストリ

 現時点で来季F1シートで空きがあるのはアルファロメオのみだが、同チームは、バルテリ・ボッタスのチームメイトに周冠宇を選ぶのではないかとうわさされている。


「一年間、控えの立場で過ごす可能性が高そうだ。決して理想的ではないけれど、そうなるのは僕が初めてではないし、最後でもないだろう」とピアストリは述べている。


「それでも、F1昇格を果たすために、今年のタイトルを獲らなければならない。これからまだまだたくさんのことが起こるだろう。でも僕たちはタイトルを目指していく」


「レーシングドライバーは当然レースが好きだから、それができないのは理想的な状況ではない。でも、来年を犠牲にすることが翌年のレースシートにつながるのであれば、喜んで一年犠牲にするよ」

2021年FIA-F2を戦うオスカー・ピアストリ
2021年FIA-F2を戦うオスカー・ピアストリ

 2022年にアルピーヌF1か他のチームでリザーブドライバーに起用された場合、ピアストリは金曜FP1でF1マシンに乗る機会を得ることが保証されるだろう。来年の競技規則では、1年のなかで少なくとも2回、若手ドライバーをフリー走行で走らせることが義務付けられる見込みだ。


 ピアストリは、12月のジェッダとアブダビでF2シーズンを締めくくるまでの間に、自分の将来が明確になることを期待している。


「オーストラリアに帰るわけにはいかない。それは問題外だ」とピアストリは言う。彼のマネジメントは、同じオーストラリア出身の元F1ドライバー、マーク・ウエーバーが担当している。


「アルピーヌが僕に対して何か計画しているかどうか、様子を見るよ」
「そのうち分かるだろう。今は話し合う時間がたっぷりあるし、これから来年のプランを検討していくことになるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号