F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・グループCOOのジョナサン・ニールが離脱へ。かつてはマネージングディレクターを務める

2021年9月17日

 マクラーレンは、長きにわたり上層部の一員だったジョナサン・ニールが、今年の終わりに同社を去ることを発表した。


 ニールは2016年からマクラーレン・グループのCOOを務めており、それ以前はマネージングディレクターとしてF1チームの指揮を執っていた。元マクラーレンF1チーム代表であるマーティン・ウィットマーシュのブリティッシュ・エアロスペース社時代の同僚だったニールは、ウィットマーシュの勧めで2001年からチームにオペレーションディレクターとして加わり、2005年にはマネージングディレクターに就任したのだった。


 マクラーレンのチーム代表ロン・デニスとウィットマーシュとともにニールは絶頂期のチームの活動を導き、その間の2008年にはルイス・ハミルトンが世界タイトルを獲得している。


 しかしデニスが2016年の終わりにマクラーレンの会長を辞すると、ニールは日々のチーム運営からは身を引き、マクラーレン・グループのCOOに就任した。


 新型コロナウイルスの世界的なパンデミックが及ぼす甚大な影響により、マクラーレンにとっては試練の時期となっている。マクラーレンはこの2年で財務および株主基盤の再構築を複数回行うことを余儀なくされてきたのだ。


 今年7月、サウジアラビアはマクラーレンに5億5000万ポンド(約834億円)の投資を行い、中東諸国のなかではバーレーンに次いで同社に投資した2番目の国となった。


 自動車部門の業績が復調するにはまだ時間がかかるが、マクラーレンF1チームは現在F1のコンストラクターズ選手権で3位につけており、不毛の9年を過ごしたチームは先週末のモンツァで勝者の輪のなかへ返り咲いたのだった。

2021年F1第14戦イタリアGP ダニエル・リカルドとランド・ノリスのワンツーを祝うマクラーレンチーム
2021年F1第14戦イタリアGP ダニエル・リカルドとランド・ノリスのワンツーを祝うマクラーレンチーム

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第14戦イタリアGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号