F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「渋滞で最後のラップを走れなかった」レッドブル・ホンダのペレスが予選Q1敗退、戦略的なPU交換を検討へ/F1第13戦

2021年9月5日

 2021年F1オランダGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは16番手だった。ペレスは、Q1で路面コンディションが急激に改善するなか、セッション終盤、トラフィックが発生したことで、最後のアタックラップに入れず、Q1落ちという結果になった。


 ザントフォールトではオーバーテイクが極めて難しいため、レッドブルは、シーズン残りレースのことを考えて、戦略的にパワーユニットを交換し、グリッドペナルティを受けることを考えているという。


 レッドブル・モータースポーツ・コンサルタントのヘルムート・マルコは、『Servus TV』から、どのパーツを交換することを考えているかと聞かれ、「できる限り多くのパーツだ」と答えた。


「そうすれば、ダメージを最小限に抑えて、今後、ペナルティを受けずに済むようになる」

2021年F1第13戦オランダGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 予選=16番手
FP3 4番手(1分10秒526:ソフトタイヤ/20周)
予選 16番手(Q1=16番手1分10秒530:ソフトタイヤ)


 予選に向けて素晴らしいマシンを用意していただけに、とてもがっかりしている。大きな改善を果たしていたので、フロントロウに2台を並べることができたかもしれなかった。こういうポジションに終わるとは全く予想していなかったよ。


(Q1)終盤はとても不運だった。ピットレーンで前のドライバーたちがかなりの低速走行をしており、その影響で2ラップ目のアタックに入ることができなかった。1.5秒遅れで時間切れになってしまったんだ。


 チーム全体で話し合い、次のレースに向けて学ぶべきことを探るつもりだよ。そうすることでチームがより強くなるはずだ。


 明日のレースでオーバーテイクをするのはかなり難しいことは分かっている。でもこのコースは予想できない部分があるから、僕としてはダメージを最小限に抑えて、チームのためにいくつかポイントを持ち帰ることを目指す。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号