F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「ミスから学び、明日はいい日にしたい」クラッシュによりスペアシャシーに交換:フェラーリ/F1第12戦

2021年8月28日

 2021年F1ベルギーGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=4番手/2=18番手だった。カルロス・サインツはフリー走行1=5番手/2=11番手という結果だった。


 FIAの午前中の発表により、ルクレールのパワーユニットには3基目のICE、TC、MGU-H、2基目のES、5基目のEXが入れられたことが分かっている。サインツのパワーユニットには、2基目のESが投入された。


 ルクレールはFP2の終盤、ターン6とターン7の間のバリアにクラッシュ、マシンを降りた。フェラーリは、セッション終了後、SF21の左フロントサスペンションがダメージを負ったと発表した。


 土曜朝、フェラーリは、ルクレールのシャシーは短時間で直せないダメージを受けていたとして、FP3からスペアシャシーを使用することを明らかにした。


■シャルル・ルクレール(フェラーリ)
フリー走行1=4番手(1分45秒818:ソフトタイヤ/19周)/2=18番手(1分46秒836:ミディアムタイヤ/13周)


 やるべき作業がたくさんある。FP1は良かったが、FP2はうまくいかなかった。今夜、マシンのセットアップに取り組み、明日はもっといい日にしたい。


 マシンバランスにはそれなりに満足できたけれど、パフォーマンスは期待していたレベルではない。路面コンディションはトリッキーだったが、それは誰にとっても同じことだ。土日も同じようなコンディションになりそうなので、慣れていく必要がある。


 ウォールに接触して初日を終えることになり、いい気分ではないが、大事なのは明日と日曜日だ。自分のミスからしっかり学びたい。


■カルロス・サインツ(フェラーリ)
フリー走行1=5番手(1分45秒935:ソフトタイヤ/20周)/2=11番手(1分45秒517:ソフトタイヤ/14周)


 レースが再開してうれしい。この素晴らしいサーキットで走れるのだからなおさらだ。ここをF1カーで走ると、いつも最高の気分になるんだ。


 今日は楽しかった。ただ、パフォーマンスに関してはベストな金曜日だったとはいえない。FP2では適切なロングランを完了できず、ショートランでもマシンバランスの関係で苦労した。


 今夜やるべき課題が残っているが、絶対に改善して、明日はもっといい位置につけることができると思っている。


 土曜日と日曜日の天候がどうなるかは分からない。今日のF3予選のように、雨がいつ降ってくるか分からないから、どんなコンディションにも対応できるよう準備をしていく。

2021年F1第12戦ベルギーGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第12戦ベルギーGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号