F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD初日会見:「首位で初日を滑り出すのは悪くない」今後のセットアップは天候を見ながら決定

2021年8月28日

 気温12〜13度、雨が降ったり止んだり、その後は薄日が射したりという典型的なスパウェザーの下で行われた2021年F1第12戦ベルギーGPの初日。レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンがトップタイムを出したものの、2、3番手につけたメルセデスとはコンマ1秒以内の僅差。しかもフェルスタッペンがソフトタイヤだったのに対し、メルセデス2台はミディアムタイヤでのタイムだった。


 それでもホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは、「初日を首位で滑り出すのは悪くない」とコメント。それよりも前半戦終盤の事故で2基のパワーユニット(PU)を次々に失ったことで、グリッド降格のペナルティ必至となった今後の状況を、より気にしているようだった。


────────────────────


──不安定な天候が名物と言われるスパ・フランコルシャンですが、いきなりその洗礼を受けた初日でした。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):昨日までは青空が出ていたのが、狙ってきたかのようなスパウェザーでしたね。雨が降ったり止んだり、霧雨になったり、強く降ったり。ただ降り続けることはなくて、FP1はダンプ(ちょい濡れ)状態、FP2の方が走行前の雨が強くて、直前のFIA-F3はかなり降っていました。ですがそれもすぐに止んで、セッション序盤はダンプ、そこからはほぼドライ路面になりました。そんななかでホンダ製パワーユニット搭載の4台は、順調に周回できました。


──FP2の最後にマックス・フェルスタッペンがスピンし、バリアにぶつかりました。


田辺TD:リヤを失ってのスピンでした。現在ダメージの程度を確認中ですが、パワーユニットに関してはデータ上もまったく異常は見られません。車体についても、特に2日目以降の走行に差し障りはないと思います。


──パワーユニットへのダメージの可能性について、もう少し詳しくお願いします。


田辺TD:パワーユニットを車体から下ろした段階で詳細を確認する予定です。ただリヤからぶつかったとはいえ、衝撃の状況などを見るとそんなにひどくない感じです。

2021年F1第12戦ベルギーGP FP2でクラッシュを喫したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第12戦ベルギーGP FP2でクラッシュを喫したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


──前戦ハンガリーGPでダメージを受けたセルジオ・ペレスには、3基目のパワーユニットが投入されました。


田辺TD:はい。アルファタウリのピエール・ガスリー、角田裕毅選手に対しても、新しいパワーユニットを入れています。フェルスタッペンもイギリスGPでのクラッシュの影響が大きく、そのときのパワーユニットはレースにはこの先使えそうにないです。いろいろと模索中ですが、なんとか修理をして(フリー走行で)走れるかどうかというところです。


 ということで、レッドブルの2台はパワーユニットを失ってしまったわけで、ペナルティを受けることになるでしょう。近いうちに後半戦の改訂カレンダーが発表されるはずなので、中止が発表されたばかりの日本GPの代替レースなど、もちろんそれでカレンダーが確定というわけではないですが、どのグランプリでペナルティを受けるのがベストなのか、チームと話し合いながら決めていきたいと思っています。


──アルファタウリはピエール・ガスリーがターボとMGU-H、角田裕毅がMGU-Kと、それぞれ3基目の交換内容が違っています。その理由は?


田辺TD:ドライバーごとの状況に応じて、最適と言われるかたちでの対応です。


──スパは非常にパワーの大小がラップタイムに効く、いわゆるパワー感度の大きいサーキットですが、フェルスタッペンの初日トップタイムに関して田辺TDはどう評価していますか? 今季のレッドブル・ホンダは、たとえば今まで苦手だったバクー(アゼルバイジャン)でもメルセデス以上のパフォーマンスを発揮できているわけですが、スパは名うてのパワーサーキットです。


田辺TD:いつも言ってるように、まだ初日ですからね。これからクルマのセットアップ、ダウンフォースレベルを、ここ(スパ)は特に天候を見ながら決めていきます。とはいえ、首位で初日を滑り出すのは悪くない。それは確かです。

2021年F1第12戦ベルギーGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第12戦ベルギーGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第12戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第12戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

2021年F1第12戦ベルギーGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第12戦ベルギーGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号