F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、多重クラッシュを生き延びるもパフォーマンスは大幅低下「入賞圏内を走り続けられなかった」/F1第11戦

2021年8月7日

 マクラーレンF1チームのマネージングディレクターを務めるアンドレアス・ザイドルは、F1第11戦ハンガリーGPのオープニングラップでの多重クラッシュによってダニエル・リカルドのマシンがダメージを負ったことで、彼のレースでのパフォーマンスが“大幅に落ちてしまった”と述べている。


 リカルドとレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ターン1の混乱に巻き込まれたもののクラッシュを生き延びた、ただふたりのドライバーだった。彼らはレースを続けることはできたが、2台のマシンは大きなダメージを受けてしまった。


 リカルドはトップ10圏内のポジションを維持しようと最善を尽くしたが、パフォーマンスの損失はあまりにも大きく、最終的に損傷したマシンで完走し、12位と下位につけることになった。

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
ターン1の立ち上がりでルクレールに接触されたリカルド


「ネガティブに聞こえることは分かっているけれど、ダメージがあるからレースが台無しになるんだ」とリカルドは説明した。


「もちろんいくらかでもポイントが獲れないかと考えて、レースをやりたいと思う。もしかしたらまた違うクレイジーなことが起きるかもしれないしね。でもレースはあの後、僕たちにとてすごくトリッキーになった」


「レースを長くつらいものにするほどのダメージがあった。しばらくはポイント圏内にいられたけれど、そのなかに居続けることはできなかった」


「(他車に)攻撃することもできなかった。近づくたびに、ダウンフォースを大幅に失ってしまったんだ。走行中つらいと感じたし、それはチーム全体もそうだった」


「僕のレースとランド(ノリス)のレースは終わってしまった。チームにとって厳しいレースだったよ」

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第11戦ハンガリーGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)


 ザイドルは、リカルドが負ったダメージのせいで、コース上でのタイムとパフォーマンスが大きな犠牲を被ったと推測した。


「ダニエルのマシンは、フロントウイングが損傷しており、バージボードにもダメージがあったと思う」とザイドルは語った。


「新しいものが大きな損傷を受け、右リヤホイールの前側面のフロアも壊れていた。つまり大きな損失があったということだ。おそらく1周あたりコンマ7秒から8秒以上の遅れが出たし、スティントにその結果が出たのは間違いない」


 ザイドルは、チームは戦略面でパフォーマンスの損失を緩和するための本当の意味での解決策を持ち合わせていたなかったと述べた。


「我々はあれだけ損傷したマシンでペースを出すことはできず、最後まで走るしかなかった。ダニエルは全力を尽くしたが、かなりの時間ジョージ(・ラッセル/ウイリアムズ)の後ろで動きが取れなかった」


「彼は最後には、マシンのダメージに加えてタイヤも使い果たしていた。デグラデーションは通常よりもかなり高くなっていた。そういうわけで、残念ながら我々には何かを賭けて戦うためのものが何も残っていなかったのだ」

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)&ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第11戦ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)&ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号