F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「スペインGPのような敗北を避けるため、リスクのある戦略で勝負した」/F1第7戦決勝

2021年6月21日

 2021年F1フランスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは3位だった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 連勝とダブル表彰台を達成し、両選手権のリードを拡大することができ、チーム全体を誇りに思う。


 マックスはスタート自体はよかったものの、コースオフを喫したことでリードを失った。だが、その状況を我々はうまく乗り切った。マックスは、最初のピットストップの後、素晴らしいアウトラップを走り、トラックポジションを取り戻してみせたのだ。

2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が3位
2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が3位

 我々はバルセロナと同じ状況に陥りたくはなかった(注:スペインGP決勝では、ハミルトンが後半に2回目のピットストップを行い、タイヤが厳しくなっていたフェルスタッペンを抜いて優勝)。そのため、先に動き、2回ストップの戦略を実行した。それが幸いうまくいった。残り21周のところでトップを走行しているときにピットストップをすると決めるのは簡単なことではないが、あえてリスクを冒し、チャレンジしたのだ。


 2台で戦略を分け、チェコの方は1回ストップで走らせた。彼はその戦略を成功させて3位を持ち帰った。見事なチームパフォーマンスだった。


(レッドブルとメルセデスの)2チームの力はほぼ互角であることが分かる。マシン同士の差はほとんどない。従って、これからもプッシュし続け、パフォーマンス向上に取り組んでいく必要がある。シーズンは長く、何が起きても不思議ではない。だが、今の勢いを維持して、ホームグランプリであるオーストリア2連戦の初戦に臨みたい。

2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン優勝とセルジオ・ペレス3位を祝うレッドブル・ホンダ



(autosport web)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン192
2位マックス・フェルスタッペン186
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.80
8位ダニエル・リカルド50
9位セバスチャン・ベッテル48
10位ピエール・ガスリー48

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス300
2位レッドブル・ホンダ290
3位マクラーレン163
4位フェラーリ160
5位アルピーヌ75
6位アストンマーティン66
7位アルファタウリ・ホンダ64
8位ウイリアムズ6
9位アルファロメオ2
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号