F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅をアルファタウリF1代表が絶賛「レースペースが信じられないほど速かった。素晴らしい才能」

2021年6月10日

 スクーデリア・アルファタウリのチーム代表フランツ・トストは、F1第6戦アゼルバイジャンGPでの角田裕毅のパフォーマンスを褒め、シーズン後半にはさらにいい結果を出すことができるとの期待を示した。


 角田は予選Q3終盤にクラッシュを喫したものの、8番手を獲得。ランド・ノリス(マクラーレン)のペナルティで昇格し、7番グリッドからレースをスタート、7位入賞を果たした。角田にとって開幕戦バーレーンの9位に続く2回目のポイント獲得であり、自己最高位を更新する形にもなった。


 角田自身は、赤旗後のリスタートでポジションを落としたことに落胆していたが、トスト代表はポジティブな評価を与えている。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「裕毅は素晴らしい仕事をしたといえる」とトストはコメントした。
「小さなインシデントはあったが、予選Q3でのことで、ああいうことは起こり得る。もっと経験豊富なドライバーにも起きたことだ」


「それに時折信じられないようなレースペースを発揮した。本当に速いので、何かが起こるのではないかと心配したよ」


「彼はいい方向に進んでいる。、これから経験を積み、シーズン後半、特に知っているサーキットでは、いい結果を出すことができるだろう」


「彼は今回バクーを初めて走ったのだということを忘れてはならない。バーレーンでは9位でフィニッシュし、2点を獲得した。だがバーレーンのコースはF2で走ったことがあったためによく知っていたし、(F1で)テストもしたので、我々としてもいいセットアップを見つけることができた」


「だがバクーは彼にとって初めてのトラックだったのに、あっという間に慣れることができた。そして7番グリッドからスタートし、7位でフィニッシュしたのだ」


「彼は非常に素晴らしい仕事をしたと思う。とてもいいパフォーマンスだった」


「まだやるべきことがあるのは分かっているが、すべてがうまくいくものと確信している。彼には素晴らしい才能があるのだから」

2021年F1第3戦ポルトガルGP 角田裕毅とフランツ・トスト代表(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP 角田裕毅とフランツ・トスト代表(アルファタウリ・ホンダ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号