F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

新拠点で元フェラーリの人員を受け入れるハースF1「来週、5月末から2022年に向けて本格始動」

2021年5月19日

 ハースのギュンター・シュタイナー代表が海外メディアのインタビューに応じ、これまでのシーズンや2022年シーズンに向けての動向、そして今週末に控えるモナコGPへの展望を語った。


 ハースの今シーズンは低迷が続いている。ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンというふたりのルーキードライバーは毎戦最後尾での争いを強いられ、獲得ポイントはもちろんゼロ。それでも、オーストリアのサイトFormelaustria.atのインタビューに応じたギュンター・シュタイナー代表は「(これまでは)予想以上に順調」と強調し、ドライバーふたりの成長をその理由に挙げている。


「ミックは大きな進歩を遂げている。ニキータは今のところまだ遅れをとっているが、何とかなるだろう。常に前にひとり、後ろにひとりのドライバーがいる、それは当たり前のことだ」


 2022年の大幅な車体規則変更に向け、ハースはそのリソースを来季型マシンの開発に集中させている。昨年型のマシンをほぼアップデートなしで使用する今シーズンは、チームにとってあくまで転換期。シュタイナー代表自身も「目下の主な課題はふたりのルーキーを育成すること」と明言しており、その課題は順調に達成されていると捉えているようだ。


 さらにシュタイナー代表は来季に向けての動向を明かした。フェラーリの本拠地マラネロに築いた新拠点が「来週には入居が完了する予定で、2022年に向けて本格的に始動する」というのだ。昨年末からシャシー開発責任者だったシモーネ・レスタを筆頭に元フェラーリの人員を受け入れてきたハース。フェラーリとの結びつきを深めてさらなる飛躍を期待しているのだろう。


 来季に向けて明るい見通しをもっているハースだが、やはり今シーズンは苦戦が続くことに変わりはない。シュタイナー代表は次戦モナコGPも「非常に厳しい戦いになる」と予測する。


「ふたりのドライバーはモンテカルロにほとんど行ったことがない。モナコではダウンフォースが必要になるが、今シーズンはそこに悩まされている。私にとって最も重要なことはクリーンなレースをすることだ」



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 結果 / レポート
9/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ロシアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン246.5
2位マックス・フェルスタッペン244.5
3位バルテリ・ボッタス151
4位ランド・ノリス139
5位セルジオ・ペレス120
6位カルロス・サインツJr.112.5
7位シャルル・ルクレール104
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※ロシアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム397.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ364.5
3位マクラーレンF1チーム234
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ216.5
5位アルピーヌF1チーム103
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号