F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:フェラーリを追い出されたベッテルのささやかな意趣返し

2021.03.23

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 レッドブル・レーシング代表のクリスチャン・ホーナーが明かしたところによれば、セバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1への移籍を、2020年F1第9戦トスカーナGPの直前である木曜日に発表しようと決めたのは、フェラーリにとってのF1参戦1000戦目という祝賀ムードに水を差したいとの思いがあったからだという。

 F1を題材とした前回のNetflix特番に収録されたインタビューで、ホーナーは以下のように述べた。

「あのタイミングがすべてを物語っている。彼は、チームにとってあれ以上ないほど不適当な時期を選んだ。しかし、それは多分彼が頭にきていたからだ」

 ベッテルが特に怒っていたのは、フェラーリ側から翌年の契約延長に関する条件が一切示されないまま、チーム代表であるマッティア・ビノットからは、すでに彼の後任としてカルロス・サインツJr.と契約締結済みであり、2021年の構想に彼が入っていない旨を、電話一本で告げられたことに対してだった。

 裏口からひっそりとF1を去るつもりなどなかったベッテルは、1年間サバティカル休暇を取ったうえで2022年から合流してほしいというレッドブルF1からのオファーを拒絶したうえで、移籍発表の何週間も前の時点で、ローレンス・ストロールからの提案を受け入れていたのだ。

 これまで4度の世界チャンピオンは、非常にストレスの大きい2020年シーズンを送ってきた。F1関係者の多くがフェラーリ所有のムジェロ・サーキットに到着する日に発表を行おうと考えたのは、チームを困らせたいと思った彼なりのやり方なのかもしれない。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号