F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハンドサイクルの事故から回復を目指すザナルディに進展。握手や、親指を挙げた“OKサイン”が可能に

2020年12月22日

 今年6月、ハンドサイクルのレース中に事故に遭ったアレックス・ザナルディだが、神経系の状態に進展があり、現在は医師からの質問に対して手のジェスチャーで答えることができるようになったという。


 元F1ドライバーで2度のCARTチャンピオン、そしてパラリンピック金メダリストでもあるザナルティは、6月のトスカーナでのレース中に事故に遭って以来、5回の神経系の手術と頭蓋顔面再生の手術を受けている。彼は地元でのレースにおいて、対向してくるトラックと衝突したのだ。


 ザナルディは頭部と顔面に重傷を負い、当初シエナのサンタ・マリア・レ・スコッテ病院で人工的な昏睡状態に置かれていた。夏の間には彼はミラノに移され、その後自宅に近いパドバの神経外科の医療施設に移された。


 月曜日のイタリアの『Corriere della Sera』紙の報道によると、ザナルディは聴覚と視覚が回復し、現在は医師と握手したり、妻のダニエラに対して親指をあげて“OK”サインを見せられるようになったとのことだ。しかし54歳の彼は用心のため、いまだに気管を開く処置がとられているため、現在話すことはできない。


 Corriere della Sera髪の報道でのなかで、ザナルディの主治医は、時間とともに治癒が進めば、脳の機能の大部分は回復するだろうと自信を見せている。今日のニュースはザナルディの家族と彼のファンのクリスマスに、大きな輝きをもたらすだろう。

アレックス・ザナルディ
アレックス・ザナルディ



(autosport web)




レース

3/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号