F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、自身で選んだ戦略でポールを奪取「言葉で表現できないほど苦労した」メルセデス【F1第12戦予選】

2020年10月25日

 2020年F1ポルトガルGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはF1キャリア97回目、今季9回目のポールポジションを獲得した。


 FP3では1分16秒680で2番手(ソフトタイヤ)、予選Q1では1分16秒828で1番手(ソフトタイヤ)、Q2では1分16秒824で2番手(ミディアムタイヤ)。Q3では1回目のランはソフトで走り暫定2番手となり、2回目のランではミディアムタイヤを装着、アタックラップ2周を含む3周を走り、最後のラップの1分16秒652でバルテリ・ボッタス(メルセデス)のタイムを抜いてトップに立った。


 チーム代表トト・ウォルフは「Q3最後のランの長さとタイヤの選択はドライバーたちに託した。ふたりともミディアムを選んだが、バルテリは計測ラップ1周、ルイスは3周走行することを選んだ」と述べている。

2020年F1第12戦ポルトガルGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得
2020年F1第12戦ポルトガルGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 予選=1番手
 今日の予選がどれだけ大変だったか、言葉では表現できないよ。マシンは強力だったが、必死に走らなければいいラップタイムを引き出すことはできない。しかもバルテリは今週末、とても速かった。だからタイムを縮めるために懸命に努力を重ねた。


 チームは僕らとしっかりコミュニケーションを取って、最終的にどうするかの選択肢を与えてくれた。僕は彼(ボッタス)のタイムを破るチャンスを得るために、3周走るという選択をし、彼は1周走ることを選んだ。自分の選択によってチャンスが生まれるかもしれないと思っていたが、そのとおりうまくいき、最後のラップではどんどんよくなっていったんだ。


 ここは手強いサーキットで、自分がどこに向かっているのか見えない場所もある。そういうところでは空しか見えないから、例えばブレーキングポイントの基準を決めることができないんだ。これまでに訪れたサーキットの中で最もチャレンジングな場所のひとつだよ。新しく舗装された路面によって、タイヤを最適の状態に入れ、どのタイヤもうまく機能させるということが難しいからなおさらだ。


 今週末素晴らしい仕事をしてくれているチームに心から感謝する。そして、今日サーキットまで来てくれたファンの皆にも感謝の言葉を贈りたい。コースから彼らのフラッグが見えてとてもうれしかった。



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号