F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ハースが2021年のドライバーラインアップを見直しへ

2020.10.14

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 ハースF1にケビン・マグヌッセンをもう1シーズン残しておきたいというギュンター・シュタイナー代表の願いをよそに、チームとしては来年のドライバーラインアップを完全に見直すことになりそうだ。

 マグヌッセンは、自分の給与を払ってくれるスポンサーを自ら連れてきており、チームとは穏やかに仕事をするドライバーだ。公の場のみならず無線でもハースを批判したりしない。来年F1に残れないことがはっきりしつつあるチームメイト、ベテランのロマン・グロージャンとは、それらの点でも異なっている。

 しかし、安定的なパフォーマンスが期待できるセルジオ・ペレスには、テルメックス・グループという巨額の支援をするスポンサーもついている。彼がF1でのキャリアをハースで続けることになるのはほぼ確実で、今のところ第12戦ポルトガルGPのレースウイーク中に契約の発表が行われる見通しだ。

 2021年にマグヌッセンは残留すると見られていたが、ここへきて突然ニキータ・マゼピンの名が上がってきた。彼の父親が、2年契約に伴う7000万ドル(約73億7700万円)の資金援助を提示しているためで、チャンスを逃さずポイントに繋げるペレスという安定したドライバーを獲得する見通しが立った以上、ジーン・ハースとしても億万長者であるロシア人ドライバーとの契約を真剣に検討しているようだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/17(土) フリー走行2回目 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
7/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP&第9戦オーストリアGP合併号