F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表、豪勢なモーターホーム不要論に異議「各チームの“顔”であり、理にかなった存在」

2020年2月26日

 世界最高峰のバトルが繰り広げられるF1は、パドックを彩るモーターホームも豪華絢爛なものが多い。F1のモータースポーツ担当マネージング・ディレクターのロス・ブラウンは、この豪勢なモーターホームをパドックから消し去ろうと提案しているが、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はこれに異を唱えている。


 世界各国を転戦して争われるF1。なかでも主要なマーケットである欧州圏ではレースウイーク中に訪れるゲストなどをもてなすため、各チームともモーターホームと呼ばれる豪華な組み立て式の施設を用意している。


 しかし、ブラウンはこのモーターホームを“ジン・パレス(中世の安酒場)”と一蹴。同施設の輸送にかかる二酸化炭素排出量はF1が掲げているサステナビリティに反するとの見方を示している。


 F1は地球温暖化対策に積極的な姿勢をみせており、サーキットはもちろん各チームのファクトリーでもさまざまな施策を講じ、2030年までに実質二酸化炭素排出量ゼロを達成するとしている。


 しかし、ホーナーは「ロス(ブラウン)はコンコルド協定を読む必要がある。なぜなら、協定ではその件について一切触れられていないからだ。だから彼が何を参照しているのかよく分からない」とモーターホーム不要論に異議を唱えた。

レッドブルのエナジーステーション『Holzhaus(ホルツハウス/Wood House)』
レッドブルのエナジーステーション『Holzhaus(ホルツハウス/Wood House)』


 また自身が率いるレッドブルは、2019年からオーストリアの木材を使用した新たなモーターホーム『Holzhaus(ホルツハウス/Wood House)』を導入していることを挙げ、「ご存じのとおり、これは長期にわたり持続可能なものだ。すべて木でできているのだから」とも言葉を残した。


「個人的な意見として、ヨーロッパのレースにおいて、各チームのホスピタリティはそれぞれの“顔”であり、文字どおり“ホーム”なんだ。理にかなった存在だよ」


 ブラウンの提唱するプランでは、F1のヨーロッパラウンドでも、フライアウェイ戦と同様のユニットをモーターホームとして使用することが求められるが、ホーナーはこの計画にも反論している。


「フライアウェイ戦では、我々はなんとか“生き残っている”ような状況だ」とホーナー。


「(フライアウェイ戦では)テントひと張りや椅子ひとつなど、何に対しても大金が請求されてくる。これらはすべてプロモーター(F1グループ)から請求されるんだ」


「だから、我々はあらかじめサイズを決めた施設(モーターホーム)を用意している。こうすれば、世界中どこに行っても、毎レースごとにテントを買う必要はなくなる」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号