F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1のラッセル、僚友ラティフィを警戒「ルーキーと侮ることはできない」

2020年2月26日

 ウイリアムズF1のジョージ・ラッセルは、チームメイトであるニコラス・ラティフィは過小評価されており、彼はルーキーではあるものの、倒すのが難しいドライバーだと見ている。


 ラティフィは、2019年にFIA-F2選手権で王者ニック・デ・フリースに次いで2位となり、ウイリアムズにおいてフリープラクティスをたびたび担当した。ウイリアムズはその実績を評価し、2020年のレースドライバーに起用した。


 ラッセルは2019年にF1デビューを果たし、チームメイトのロバート・クビサをしのぐ速さを見せた。だがラッセルは今シーズンのチームメイト、ラティフィは手ごわいライバルにもなると考えている。


「ドライバーの実力は最新のレースでしか判断されない。今年は新しいスタートになる」とラッセルは語った。


「ニコラスはかなり過小評価されていると思う。しっかり準備を整えてきているから、打ち負かすのは簡単ではないだろう。用心しなきゃならないね。プッシュしていくつもりだ」


 ラティフィは、ウイリアムズの他に、フォース・インディアやルノーのF1マシンで走行したこともある。そのため、デビューへの準備は整っていると、ラッセルは考えている。


「彼はフォース・インディア、ウイリアムズ、ルノーのマシンをドライブしたことがある。F1ですでに3年から4年、テストを担当してきた」とラッセルは付け加えた。


「理論上はルーキーかもしれないが、現実にはそうじゃない。間違いなく手ごわい相手だよ。でも挑戦する準備はできている。戦うのが楽しみだ」

2020年F1バルセロナテストでのラッセル

 ラッセルは新チームメイトとライバル関係になることを予想しているが、F1で2年目を迎えるにあたって、チームから大きな期待を寄せられていることを承知しており、さらに進歩していきたいと考えている。


「僕にはいくつか具体的な目標がある。こうすれば速くなると思うことがあるので、ドライビングを改善したい。まだまだ前進している最中なんだ」とラッセルは話す。


「(昨年の開幕戦)メルボルンの時と比べると、(最終戦)アブダビでは優れたドライバーになっていた。アブダビでの自分よりも、(今年の)メルボルンでさらに優れたドライバーになることは確かだよ。そうして常に進化していくんだ」


「自分が可能だと考えているレベルに到達する必要がある。自分はその途上にあると思う」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編