F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル、12年にわたるパートナー、ルノーに別れ。アストンマーチンとのタイトルスポンサー契約は継続へ

2018年6月19日

 レッドブル・レーシングは2019年からホンダのF1パワーユニットを搭載することを決定、長年のパートナー、ルノーに感謝の言葉を贈った。
                 


 2005年にF1活動をスタートしたレッドブルは、2007年からルノーのエンジンを搭載。2010年から2013年にかけてともに4年連続でダブルタイトル獲得という快挙を成し遂げた。しかし2014年に新たなパワーユニット規則が導入された後、ルノーはメルセデスとフェラーリに大きく遅れを取った。レッドブルはルノーへの不満を募らせ、公然と批判を行うようになり、両者の関係は悪化。レッドブルは2016年以降はルノーのパワーユニットをタグ・ホイヤーブランドで使用している。結局現在の契約期間が終了する2018年末をもって、レッドブルはホンダへとスイッチすることを決めた。


 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、契約終了にあたり、ルノーのスタッフのこれまでの努力を称えた。
「この12年間、ルノーとは素晴らしい瞬間を経験した。彼らに感謝したい」


「時には意見が異なることもあったが、ルノーは競争力の高いパワーユニットを提供してくれるため、絶え間なく努力し、全力を尽くしてくれた。それは今も変わっていない。ルノーチーム、特に毎戦我々のガレージで休みなく働いてくれたスタッフに感謝する。今シーズン、我々のパートナーシップを素晴らしい形で終えたいと思う」


「我々は、2018年シーズンにできる限り良い結果を出すため、残りのレースに気持ちを集中させている。ルノー・スポールの今後の活躍を祈る」

アストンマーチン・レッドブル・レーシングとホンダのロゴ

 なお、レッドブル・レーシングは、ホンダとの契約発表のなかで、「今後もアストンマーチン・レッドブル・レーシングの名称でレース活動を続ける」と述べており、期間は明言していないものの、アストンマーチンとのタイトルスポンサー契約を継続する予定であることを示した。



(AUTOSPORTweb)




レース

12/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン369.5
2位ルイス・ハミルトン369.5
3位バルテリ・ボッタス218
4位セルジオ・ペレス190
5位シャルル・ルクレール158
6位ランド・ノリス154
7位カルロス・サインツJr.149.5
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー100
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム587.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ559.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ307.5
4位マクラーレンF1チーム269
5位アルピーヌF1チーム149
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ120
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号