F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、スペインGPではボッタスのPUに「未経験のターボの問題」が発生していたと明かす

2017年5月23日

 スペインGPでバルテリ・ボッタスをリタイアに追い込んだ原因は、これまでに起きたことのないターボのトラブルだったことを、メルセデスF1が明らかにした。


 前戦スペインGPでは1コーナーでキミ・ライコネンとマックス・フェルスタッペンとの衝突を切り抜け、フェラーリのセバスチャン・ベッテルをブロックしてチームメイトのルイス・ハミルトンを優勝に導き大きな役割を果たしたボッタスだが、3位を走行中にレース半ばでリタイアとなった。


 メルセデスは信頼性を向上したアップデート版の新パワーユニットをバルセロナに持ち込んでいたものの、ボッタスのマシンはこれまでの4戦で使用した以前のパワーユニットに戻さざるを得なかった。金曜日のフリー走行後に電気系統のトラブルを修復する際、新しいパワーユニットから水漏れが発見されたからだ。


 メルセデスによるレース後の分析で、ボッタスの旧パワーユニットに発生したトラブルは、これまでチームが経験したことのないターボの問題が原因であることが明らかになった。このトラブルについて、メルセデスF1チームのトップであるトト・ウォルフが次のように説明した。


「我々は問題の根本原因がターボであることを特定した。このような問題はいままで見たことがなく、より一層注意する必要がある。F1は技術的なスポーツなので、限界を広げようとすれば、テクニカルトラブルに直面することになる」


 メルセデスはオフシーズン中、MGU-HとMGU-Kの刷新を含む大幅なパワーユニットの再設計に取り組んでいた。ボッタスのリタイアは、メルセデスにとって2017年シーズンに初めて経験する重大なパワーユニットの不具合となってしまった。


 それでもメルセデスは今シーズン開幕からの5戦のうち3戦で優勝を飾り、十分な競争力と信頼性を持つことを証明している。しかし今季序盤はフェラーリと激しいタイトル争いを演じており、チームはプレッシャーを感じているとウォルフは言う。


「我々はフェラーリと熾烈な戦いをしている。それはとてもエキサイティングでやりがいのあることだが、一方で我々は限界に挑戦しなければならなくなっている。毎週末、我々は限界まで追い込まれる。これが2017年のF1の新しい現実だよ」



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

7/1(金) フリー走行1回目 21:00〜22:00
フリー走行2回目 24:00〜25:00
7/2(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
7/3(日) 決勝 23:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号