F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ密着:“最上位”の7位入賞も周回遅れ、トップとの差をあらためて実感

2016年7月25日

 7番手からスタートしたフェルナンド・アロンソが、7位でフィニッシュした。

 今年のハンガリーGPは、今年のトップ3といわれるメルセデスAMG、レッドブル、フェラーリがいずれもトラブルなく走りきった。つまり、7位は、アロンソが言う「トップ3チームを除くミニチャンピオンシップ」で最上位だった。そのポジションをドライコンディションで、しかもレース中にライバルたちがアクシデントで後退するようなこともない状況で獲得したことは、ハンガロリンクというコース特性も影響していたとはいえ、長谷川祐介総責任者が述べた「クルマの進化も感じられた」レースだったといえる。

 今回のハンガリーGPで、マクラーレン・ホンダがフォース・インディア、トロロッソ、ハースを抑えて4番目のチームだったことは、レースだけでなく、フリー走行1回目、フリー走行2回目、フリー走行3回目、予選、そしてレースと、すべてのセッションで7位だったことが如実に証明している。

 しかし、長谷川総責任者は「本来であれば、喜ぶべき結果なのかもしれませんが、素直に喜べません」とため息をついた。それは、2台そろって、ポイントを獲得できたレースで、ジェンソン・バトンがリタイアしたからである。

「最初のトラブルはブレーキセンサートラブルです」

 ブレーキが効かない状況に陥ったバトンは危険を回避するためにピットからの指示を受けて事なきを得たが、新しい無線規制レギュレーションに違反したとして、ドライブスルーペナルティを受けることとなった。





レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号