F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

GP topic:メルセデスの内圧管理デバイスは「違法ではない」とライバルが擁護

2016年7月1日

 ドイツの「Auto Motor und Sport(アウト・モーター・ウント・シュポルト)」誌は「ヨーロッパGPで、メルセデスが最新式のデバイスを使用して、ピレリが定める最低内圧を巧みにクリアしている」と報じた。


 同誌によれば、電気によって高温に熱された空気をブレーキダクトから送り込み、ブレーキとアクスル(車軸)を高温に保ち、タイヤをセットしたときに内圧をクリアする。外してフォーメーションラップを走り始めると、内圧が下がる仕組みではないかというものだ。


 これが事実ならば、メルセデスは限りなく違法に近いトリックを使っていることになるが、オーストリアGPのパドックで、この件が話題に上がることは少なかった。なぜライバルチームは沈黙を貫いているのか。あるチーム関係者が理由を語る。


「メルセデスがそのデバイスを使用していることは、かなり前からみんな知っている。彼らが使いはじめたのは、バクーからではなく、もっとずっと前だからね」


 そこで過去の写真を探してみると、スペインGPスタート前のグリッドで、今回「Auto Motor und Sport」が伝えたデバイスを使用している写真が見つかった。少なくとも2カ月以上も前から、メルセデスは話題のデバイスを使用している。それでもライバルたちは表立ったアクションを何も起こしていない。


「我々も導入を検討したことがあったが、費用対効果を考えると、そこまでのメリットがないので導入しないことにした」と、前述の関係者は説明する。


「あれは違法な装置ではなく、内圧をキープしておくためのもの。スタート時に履くタイヤは、直前まで最低内圧をクリアしている状態でタイヤウォーマーで保温されており、フォーメーションラップ5分前までにマシンに取りつけられる。そして、それからフォーメーションラップのスタートまでの間に、ピレリが任意で内圧をチェックする。タイヤウォーマーが外されたタイヤの内圧は徐々に下がっていくから、メルセデスの装置はそれを防ぐためのものにすぎない。おそらく予選でいつも速いメルセデスはピレリのチェックを頻繁に受けているため、確実にパスするためにやっているだけで、我々のようなチームには必要がないデバイスのように思える」


 ちなみに高速コーナーが多いレッドブルリンクでは、ピレリの最低内圧は昨年よりもフロントで4psi高く設定されている。このデバイスを導入しているメルセデスは「持っている者」のアドバンテージを活かすことができるのだろうか。



(Text : Masahiro Owari)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号